2013年11月06日

アンティーク

アンティーク 【(フランス)antique】
 1 古美術。骨董(こっとう)品。
 2 年代を経て品格があること。また、そのさま。   (by コトバンク)


Nikon ニコン Df 50mm f/1.8G Special Editionキット シルバーDFLKSL

昨日のこと、Nikonの新型デジタル一眼レフカメラが発表されました。


 「精密機械の感触」と「操る愉しみ」を、あらためてその手に。ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラDf


デジカメのうわさサイトで情報が流れていましたし、日に日に明かされるティーザー広告がNikonのサイトに流されていましたので知ってはいました。当初は、デジタルのカメラのデザインを昔ながらの形状にした、最近他社でもよく見かけるような製品をNikonも作ったのかと思っていました。実際それは間違いではありませんが、なんかすごくいい♪

Pnasonicの新型機 DMC-GX7,DMC-GM1 や、富士フィルムの各ミラーレス機など昔ならのデザインを感じさせるカメラは最近多く、その中でも代表格にOlympusのOM-Dと富士フィルムのX100があります。

 OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 1605万画素 防塵 防滴 FUJIFILM デジタルカメラ FinePix X100 1230万画素 F FX-X100

どちらも性能良く素晴らしいカメラなのですが、現物を見ると小さいミニチュア風だったり、何か洗練されていないと個人的に感じ満足できないものでした。しかし、このNikonのDfは個人的にどんぴしゃなデザイン。フィルムカメラと比較するとボディが厚ぼったいところが大きなマイナスであることを考え合わせても、デジタル臭くない昔ながらの精密機械な雰囲気、金属感がすごくいいです。シルバーモデルの概観はまさにアンティークです♪ ぜひ街中を持ち歩きたいですね♪♪ そして、

アンティークドールな雰囲気のスーパードルフィーの横に

そっと並べて撮影してみたい



カメラとしては、良く使う操作がメカニカルダイヤルで調整できるのがいいですね。フルサイズ機であることで焦点距離そのままの画角で扱えるのも嬉しいです(個人的にフルサイズ機は画質やボケの面より画角の点で羨ましいです)。動画撮影をしない私としては静止画専用である点も潔くで好きです。Nikon、あっぱれです。


残念ながら価格が高くて手は出せませんが、欲しい製品であることに変わりません。
posted by ぱりか〜る♪ at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | かめらのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

SONYは綺麗系

Pentax K10Dの画が地味だけど実に自然であるのに対してSONYは綺麗系の画である旨、以前ブログに書いていました。それが、某価格比較サイトの口コミに、NEXのRAW撮影画(Image Data Convertaer現像)とjpeg撮って出しの画の比較があり、そこではRAW撮影画が綺麗系であるのに対して、jpeg撮って出しの画は地味だけど自然な画でした。私のNEXによる撮影では常にRAWで行っていましたので、もしや?と思い比較して見ることにしました。

RAW+jpeg撮影での比較です。クリエイティブスタイルはSTANDARD,ホワイトバランスは電灯です。

mikuru_jpeg_20130920a.jpgmikuru_raw_20130920a.jpg
※左:jpeg撮って出し 右:RAW(Image Data Converter現像)

mikuru_jpeg_20130920b.jpgmikuru_raw_20130920b.jpg
※左:jpeg撮って出し 右:RAW(Image Data Converter現像)

あれれ〜っ?? (コナン風)

若干jpegの方が濃いでしょうか。しかし、ほとんど変わりません。なんで? それでも違いがほとんど無いことに個人的にはほっとしつつ、綺麗系なのとこにはため息です
posted by ぱりか〜る♪ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | かめらのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

CCD まだまだ調査中

CCDとCMOSについて、まだ調査中です。学生のように、大学図書館に気楽に入れたり、調べ物にいくらでも時間が使えたり、そもそも若い頭脳があれば、半日足らずで調べ切れるのでしょうけれど、なかなか自分が知りたいことの調べがつかないです

yune_20130710a.jpg

ネットで調べても、CCDとCMOSについて、ちゃんと技術解説してるところがほとんどないんです。あっても難しすぎたりして…(ノД`)シクシク。そんな中、見つけたサイトの中でCCDについてもっとも判りやすく解説しているのが次。

 Takizawa Engineering Research Laboratory …検索してみてください

このサイトのおかげでCCDについての理解し始めることができました♪

yune_20130710b.jpg

当初の予定どおり今週末までには、CCDとCMOSの違いについて自分なりにまとめられそうです
posted by ぱりか〜る♪ at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | かめらのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

CCDとCMOSの違い

CCDCMOSの違いについて、ネットで通常検索できる範囲で最も判りやすく説明されている資料は、東北大鏡先生による「知能制御システム学」講義資料「カメラとイメージセンサの基礎」だと思います(東北大 CCD CMOS で検索してみてください)。光の明暗をセンサーで捉えて電圧にするまでの変換過程

 光(光子)→電荷→電圧

において、

 CCD : 光→電荷までの変換を画素内で行い、電荷として読み出し、電荷→電圧を画素外でまとめて行う
 CMOS: 光→電荷→電圧までの変換を画素内で行い、電圧として読み出す

であることが、判りやすく解説されています。SONYの技術情報「クリアビットCMOSセンサー」にも書かれていますが、さすが大学の講義資料だけあって、詳しくかつ判りやすいですね。

光→電荷の変換(光電変換)は、CCDもCMOSも同じくSi系のフォトダイオードを使っています。色は、フォトダイオードの上に積層された赤緑青のカラーフィルター(&赤外カットフィルター)によって分けられます。時代や設計指針によって、カラーフィルターや赤外カットフィルターの違いによる検出できる色の違いはあっても、CCDとCMOSの違いによって検出できる色の差は無いはずなんです。

それなのにCCDとCMOSイメージセンサーが作り出す絵に違いを感じている人がいます。CCDとCMOSの違い、それはノイズの違いに起因しているのではないかと私は考えています。

louise_20130705a.jpg

先のCCDとCMOSの違いは一番大事な部分だと思うのですが、残念ながら普通に検索すると、しっかりと言及している記事はなかか出てきません。
posted by ぱりか〜る♪ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | かめらのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

CCDについて調べはじめました

俄然興味が出てきたカメラについて、調べ始めました。技術的なことって、昔から好きなんですよねw

mugi_20130704a.jpg

CCDとCMOS。現代のデジカメにおいてはほとんどの機種がCMOSとなってしまいましたが、根強いCCDファンがいるのも事実。そのCCDについて調べています。CCDは色がいいとか、低感度がいいとか、本当でしょうか?ということになります。私の所有しているコンデジがCCDで、言われるように低感度の時の画質っていいなと思うんです。でも、なんで?が判らないんです。そこを調べてみようというわけなんです。自分が感じていることの、はっきりした理由が知りたいんです

mugi_20130704b.jpg

調査結果は、、、1週間後位かな…
posted by ぱりか〜る♪ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | かめらのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする