2017年01月03日

あけおめ〜

明けましておめでとうございます♪

rara_20170103a.jpg
※デジカメは紫の表現が苦手なのですが、、まさか自然物ではなく人工物(フィギュア)で色が変になってしまうなんて。。

新年のご挨拶は、女児向けアニメ界最狂のプリパラかららぁらです。

毎期沢山のアニメが放送されますが、ここの1年以上の間毎週楽しみに見ているのが「プリパラ」です。
世界観、ストーリ展開共に「最狂」、作品中の歌・ダンスは秀逸、個人的にはプリキュアより好きな作品です。

女の子が小学生〜中学生くらいに成長するとどこからともなく届くプリチケには、恐怖新聞ばりのオカルト的恐怖要素と、女児限定で個人情報がどこかで漏れているのでないのか?というセキュリティ的不安要素を感じざるをえないですね。一方で、プリチケを持ってゲート(プリズムストーンのお店に設置されている)をくぐるとプリパラタウンと言う名の仮想空間に入れる近未来的設定。プリパラタウン内での楽しいエピソードとプリパラチェンジした可愛い姿ばかりに注意がいってしまいますが、プリズムストーンのお店に残されてるはずの本体(実際の体)は、きっとマトリックスばりに L.C.L. が充填されたカプセル内に居るのかと思うと、もうヘビーなSF。

個性的過ぎる登場人物達が紡ぐ物語は、最近はおとなしくなってきましたが、もう七転八倒! なぜそう展開するの? どうして??という視聴者の予想の斜め上空をいく展開は笑い全開です。プリパラをはじめて見たときには、世の女児達はこの物語についていけるのか?と本当に心配になったくらいでした。

劇中のダンスは、ニコニコ動画でみなれたアイドルマスターアイドル達のキレのあるダンス。ごめん、ラブライブのぬるぬるのダンスより好きです。CGで毎回同じなのは残念ですが、つい見入ってしまいます。

楽曲では
 「ま〜ぶるMake up a-ha-ha!」
 「ヴァーチャデリアイドル」
 「Ready Smile!!」
 等々
がついなんども聞いてしまいますね♪

そういえば、EDがBPOの規制を受けてしまったことも記憶に新しいです。なんか、アニメ製作スタッフが思い切りのびのび作ってるん感じが伝わってくる感じがして(最近はおとなしくなりました)、楽しくなっちゃいますね。

2年半続いているプリパラ、このままずっと続いて欲しいな。


rara_20170103b.jpg
※こっちはコンデジ撮影。こっちはこっちで色がおかしい。


今年も多忙が予想されているため、あまりブログ更新できませんが、
なにはともあれ、よろしくです♪
posted by ぱりか〜る♪ at 16:46| Comment(4) | TrackBack(0) | ごあいさつに、ただの日記♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする