2014年02月23日

1/6ドール生活

DD初音ミクを注文して以来、一切のドールのお迎えを控えております。

nina_20140223a.jpg

この娘は、そのDD初音ミクの注文前最後にお迎えした子。機会がなくてブログに紹介できなかったんです。それが、本日体調不良のため、気を癒そうとちょっとだけドール撮影しようと箱の外からですが撮影してみました。

nina_20140223b.jpg

えっくす☆きゅーとのニナちゃん。アキバに行ってお迎えしてしまったちさの友達です。始めてだったXSサイズのちさちゃんが、一人じゃ可愛そうとニナちゃんをお迎えしました。今じゃ定価以下で見かけることはなくなってしまいましたか、昨年秋頃はまだ定価以下でお迎えできたんです。

nina_20140223c.jpg

この子が1/6ドール最後の娘の予定だったのですが、先日のワンフェス情報では、えっくす☆きゅーと10周年のベストセレクションでチェシャキャットあいかちゃんが発売(再販ですよね♪)される模様。amazonでは新品で69,800円、中古でも32,500円という超プレミアなチェシャキャットあいかちゃん、、狙いますよ^^ ええっ、やっぱり1/6ドールの〆はあいかちゃんじゃなくちゃ。
posted by ぱりか〜る♪ at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | どーる と ふぃぎゅあ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミクまんの季節

昨日のおやつがこれ!

miku_20140222.jpg

こしあんです。

気づいたら、行き着けのファミマにミクまんが登場。昨日、機会があったので購入してみました。厳密には比較していませんが、デザインは昨年と同じでしょうか。。。というか、初音ミク(桜ミク)を模していると思われるのですが、似てないですよね? 面影も…微妙……。ガチャピン、ムックマン(ホイコーロー肉まん)や、きん肉肉まん(牛丼風肉まん)なんかと比べると、雑な造詣に思います^^ まぁ、そんな細かいところは放っておいて、このてのキャラクター物はちょっと高額なのですが、中華まんくらいだとちょっと特別感があってつい購入してしまいます♪

キュゥべえまんとか、百江なぎさまんとか作ってくれないかな?
posted by ぱりか〜る♪ at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ごあいさつに、ただの日記♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

我妻さんは俺のヨメ

「我妻さんは俺のヨメ」なんていう男の妄想的タイトルがちょっと気になり、レンタル屋さんで借りて来てしまいました

yome_20140216a.jpg
我妻さんは俺のヨメ(1)

男の妄想のエロ作品かと思いきや、良い意味で外れました。

冴えない男子高校生青島等が見る夢で、学校一人気の美少女我妻亜衣がヨメでありラブラブな生活を送っていた。しかし、それが夢ではなくタイムスリップ能力の結果であることに気づき、我妻亜衣との幸せな未来のために、時に小学生妹のアドバイスをもらい、時に仲間DX団の力を借り各種クエストをこなし人間的に成長していく物語。&ラブコメディ。

主人公が努力して成長していく物語、好きです。恋愛物はやっぱり成長し、時間がちゃんと経過するものがいいです。また、魅力的な2ndヒロイン(下妻シルヴィア)、3rdヒロイン(伊富蘭)(共に、移ろいやすいタイムスリップで見る未来で嫁になっていたことがある)にといい関係になりつつも、乗り換えることをせず、あきらめず我妻亜衣さん一筋なところもいいです。がんばれ、主人公です♪

それと、コメディ要素としてのいろんな小ネタも、なかなか好みです♪


yome_20140216b.jpg
我妻さんは俺のヨメ(9)
※表紙左:主人公の未来のヨメ我妻亜衣。表紙右:主人公を好きだった2ndヒロイン下妻シルヴィア、帯左:主人公を好きだった3rdヒロイン伊富蘭、帯右:主人公青島等


個人的にはメインヒロインより2ndヒロイン下妻シルヴィアや3rdヒロイン伊富蘭が好みだったりします^^

2014年02月15日

アリス殺し

どれだけ注意深く読んでもこの真相見抜けない

alice_20140215.jpg
アリス殺し

「アリス」のワードと帯の内容につられて購入しました。ファンタジー or SF要素と本格ミステリーを合わせたような作品を期待しました。「どれだけ注意深く読んでも真相は見抜けない」なんて、すごいって思ったんです。それと、単行本化される位、このミステリーがすごいの第4位になるくらいに、物語としても魅力的だと思い込んだんです。

しかし、、読み始めてすぐに落胆。物語の大部分を占める会話において、不思議の国の住人の会話を模した部分はいたしかたないものの、人間部分の会話にはいらいらさせられるもの。会話に無駄部分が多すぎるように思います。また、進行上の大事な登場人物井森くんには全く魅力を感じることができず、他人間型登場人物にも人的な実在感を感じることができず、物語にのめりこむことが出来ずにいました。唯一良かったのは、真犯人とビルくんの対峙部分でしょうか。妙にグロの表現に力が入っている点も気になります。なお、ミステリー要素としてもイマイチ。真相はラノベを読む人間には想定範囲内の内容です。結果、ビミョー。もちろん、私が世界観を完全には読みきれてないこともあるかも知れませんが、もう一度読み返したい気分にはなれません

アリス殺し (創元クライム・クラブ) [単行本]

2014年02月09日

となりの関くん

「となりの関くん」は、内容はともかく、また非常に短い放映枠10分の作品にもかかわらず、意外と音楽に力の入った作品なのです。一聴して、購入を決めてしまいました。なお、今期アニメ関連曲で注文したCD2枚のうちの1枚であります。

となりの関くん うたのCD

OPキャラメルボイスの花澤香菜さんのしゃべり的な歌唱、にぎやかで楽しい音、臨席の男の子・関くんの授業中の遊びが気になってはらはらして仕方がない女の子・横井さん(花澤香菜さん)を見事に表す歌詞も素晴らしい。アカペラver.もぐっど! EDは池上藍さんの大人な歌声に神保彰さんの見事なドラム。アニメEDでこんな曲が聴けるとは思ってもみませんでした。そして、いつ使われたのか不明ですが力強い水木一郎さんの歌声♪

○迷惑スペクタクル/となりの関くん OP  …歌:花澤香菜
○Set Them Free/となりの関くん ED  …演奏:神保彰、VOCAL:池上藍
○迷惑スペクタクル/となりの関くん OP(TVサイズ)  …歌:花澤香菜
○Set Them Free デスクトップドラムver. /となりの関くん ED(TVサイズ)  …演奏:神保彰、VOCAL:池上藍
○迷惑スペクタクル アカペラver. (TVサイズ)  …歌:花澤香菜
○団欒!ロボット家族 劇中歌 〜ロボット家族のテーマ〜/となりの関くん 劇中歌  …歌:水木一郎

「となりの関くん」は放映枠の短い作品なのに音楽をはじめいろいろ力の入っている作品。
いったい、この作品は何?と思い wikipedia を参照すると

シンエイ動画制作としては史上初の深夜枠での放送。主要スタッフは監督を『クレヨンしんちゃん』のムトウユージ、キャラクターデザインを『あたしンち』、『黒魔女さんが通る!!』の大武正枝、美術監督を『ドラえもん のび太と緑の巨人伝』の河合伸治、音響制作を歴代シンエイ動画制作作品を請け負ってきたオーディオ・プランニング・ユーがそれぞれ担当するなど、歴代のシンエイ動画作品への参加陣で固めている。 (by wikipedia)

おみそれしました。



大変満足した1枚でした♪
posted by ぱりか〜る♪ at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GOSICK RED 購入

原作もアニメもお気に入りのGOSCIK、その続編となる「GOSICK RED」を購入しました♪

前作GOSICKの世界を生き抜いた2人、ヴィクトリカと久城が、どんな生活を送るのか、文庫化されるまで待つことも考えましたが、やっぱり気になってしまったんです

gosick_20140209a.jpg
GOSICK RED (単行本)

私にとって桜庭一樹先生の文章は情景を豊かに表現してくれるもので、ほんの1、2行でイタリアンマフィアが跋扈する1930年代のニューヨークの生活風景をまざまざと目の前に現わしてくれます。文章そのものは相変わらずのぐっど♪

しかし、ヴィクトリカと久城の関係が…夫婦じゃなく「かけがえのないパートナー」状態。前作であれだけの覚悟をして久城に会うために日本に向かい、あらゆるカオスを構成して自身の感情を「愛」と認識したというのに、夫婦じゃないというのはちょっと納得がいきません。

それと、前作のヴィクトリカには、伝説の生き物灰色狼に対する何人も犯すことができない美しさ、神々しさ、恐ろしさ、畏怖が感じられたのですが、今作では多少の名残はあるものの、小さくて美しく頭脳明晰な不思議な女の子、畏怖感が消えてしまっています。ミステリー部分だけに注目すれば、前作も今作も卓越したものがあるわけではないため(今作はやたら都合の良い展開が続きます)、畏怖感が消えてしまったのはかなり残念。

とはいえ、次巻も買っちゃいます、きっと。どうしてもヴィクトリカと久城のその後が気になるんです


GOSICK RED (単行本)


ところで、夫婦ではなくかけがえのないパートナーとして書かれている本作ですが、、、
 p.270 ヴィクトリカはパイプから口を離して、ぽかっと開けたまま、あっけにとられての顔を見上げた
とありました。誤植でしょうか?