2011年03月31日

機動警察パトレイバー

今日は「機動警察パトレイバー」のヴォーカルアルバムです。

「機動警察パトレイバー」は、近未来の東京を部隊とするリアルロボット系アニメ、ゆうきまさみ先生を始めとするヘッドギア原作、攻殻機動隊でお馴染みの押井守さんが監督した作品です。結構人気があったのですが、劇場版2作を視ただけでその他は残念ながら未視聴。

曲目を調べてみると、1989年-1990年のTVシリーズ、1990年の新OVA、2003年の劇場版2作目の曲が収録されています。

「機動警察パトレイバー」コンプリート・ヴォーカル・コレクション


○守りたいの/新OVA 機動警察パトレイバー OP
○マイペース〜My Way My Pace〜/新OVA 機動警察パトレイバー ED
○涙をさがして/新OVA 機動警察パトレイバー イメージソング

 歌: 冨永みーなさん

声質は悪くないけれど、声のノビとかは足りなく、歌唱力は普通より少し下で不安定。この中では「涙をさがして」が富永みーなさんの透明な歌声を活かしてていいです。

○コンディション・グリーン〜緊急発進/TV,新OVA 機動警察パトレイバー OP
○勇気を翼にして/新OVA 機動警察パトレイバー イメージソング

 歌: 笠原弘子さん

「コンディション・グリーン〜緊急発進」は、声質は悪くないけれど、声のノビとかは足りなく、歌唱力は普通より少し下で不安定(1990年頃のアニソンって、みなこんな感じなんです)だけれども、軽やかな歌唱がいい曲。「勇気を翼にして」では、ぐっと歌唱力が上がりつつ、澄んだ歌声に、変わらない軽やかな歌唱がいい曲です。

○IDLING for you/新OVA 機動警察パトレイバー OP
 歌: 谷本憲彦さん

やさしい感じの男性ボーカル、声のノビも悪くなく、歌唱力は上々。先日聴いたささきいさおさんの歌と比べてしまうと物足りなさ一杯ですが、いい歌声です。

○パラダイスの確率/TV,新OVA 機動警察パトレイバー ED
 歌: JA-JA

2人の男性デュオのやさしい歌声。歌唱力は普通かちょっと下。

○IF YOU WANNA IT

○MIDNIGHT BLUE/TV 機動警察パトレイバー ED
 歌: KISSME QUICKさん

ロック調のリズムに、少し力強い歌声。

○痛がるほどに抱きしめたい/機動警察パトレイバー2 the Movie イメージソング
○愛を眠らせないで/機動警察パトレイバー2 the Movie イメージテーマ 

 歌: MANAさん

ノビのある歌声、歌唱力は普通より少し上。「愛を眠らせないで」は、ときおりいい声を聴かせてくれます。

○おもひでのベイブリッジ/機動警察パトレイバー2 the Movie 挿入歌
 歌: 美桜かな子さん

演歌! わりとしっかりした演歌! 歌唱力は上々! 有名な演歌歌手と比較してしまうといろいろ物足りない部分がありますが、普通に楽しめる演歌です!

○SCHAFT!

○YOU ARE THE ONE/新OVA 機動警察パトレイバー OP
 歌: DAIZOさん

やさしい感じの男性ヴォーカル。谷本憲彦さんより少し高域に力があっていいですね。歌唱力は普通かちょっと上。

○そのままの君でいて/TV 機動警察パトレイバー OP
 歌: 仁藤優子さん

いい声質、声のノビは普通、歌唱力も上々。アイドル曲! たぶん、作品の雰囲気にあってるのか良く判りませんが、良好な歌唱にノリ良く耳に残るサビのアイドル曲。仁藤優子さん、わりといい歌唱だったんだなぁ。好きです、こういう歌。

○100カラットの未来/新OVA 機動警察パトレイバー ED
 歌: 兵藤まこさん

いい声質、歌唱力は普通。澄んだ声質がいい曲。これもアイドル曲調。好みだけれど、、作品にあってるのか?

○LOVE LIKE OURS<ヴォイス・ヴァージョン>

やさしい声のBGM。

○LONG SILZENCE/新OVA 機動警察パトレイバー ED
 歌: ダイナマイト・シゲさん

少しかすれた声の男性ヴォーカル曲。かすれた声がいい味を出しています。


「機動警察パトレイバー」ファンにはたまらない1枚なのかと思いますが、劇場版以外未視聴で思い入れはないため、今一の一枚でした。そんな中、ちょっと見直したのが仁藤優子さんの「そのままの君でいて」。作品にあっているかは別として、意外といい歌唱で驚きでした。
posted by ぱりか〜る♪ at 22:55| Comment(4) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

ラブリー☆キララたん 登場!!

「これはゾンビですか?」最終話を視ました。

なんとっ! ラブリー☆キララたん、登場です!!


きららたん121

きららたん122

きららたん123

名前は、原作とちょっと変えて「ラブリー☆輝羅々」。しかも、登場時間長いぞ!、第7話、第10話、第11話の出演時間合計を超えてるんじゃないか??

原作では第4巻でラブリー☆キララたん登場なのですっかり諦めてましたから、とってもとっても、嬉しい誤算です!!

でも、最終回、、こんなんでいいのか?


なお、ハルナの歌を聴いて「下手糞」(OPを歌う野水いおりさんなのに…)と言う歩に、織戸が「上手い下手じゃない、アイドルってのは時代の写し鏡なんだよ」と言うんです。ちょっと明言、私も同感です。

これはゾンビですか?第6巻

まずいなぁ、、この巻購入しないとダメかなぁ。。確か、キララたんが出演したら購入するみたいなこと言ったような気がする。。

2011年03月29日

ラブリー☆キララたん お姿4

「これはゾンビですか?」第11話を視ました。今週も一応シリアス、物語クライマックスです。

それはともかく、サラスバティ(=星川輝羅々)2週連続登場です。


きららたん111b
※なぜメイド服? なんて、つっこみません。

残念ながら、今週もラブリー☆キララたんの衣装ではありませんが、メイド服、とても素敵です!!


さてと、来週こそ最終回。どうも大きなお友達へのサービス回、水着の回らしい。。

これはゾンビですか?第6巻

るりちゃんかわいいよ

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」第13話を視ました。

あやせたんはOPだけの出演で寂しいですが、黒猫ヒロインの原作5巻、その第1章〜第2章を丁寧に描いた良い回でした。時折ハッとするいい表情、ベットの上で枕を抱く、別の意味でちょっとドキっとする構図で、メインヒロインを見事に演じたく黒猫、とても良かったですね。(ほんと、このアニメ、ヒロインの表情がころころ変わってとてもいいです。)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 7

そして、EDを歌うはもちろん!

 曲: 命短し恋せよ乙女
 歌: 花澤香菜さん(黒猫)


ちょっと切ないメロディに、花澤香菜さんの時折上手くなるけど全体的にたどたどしい歌唱、

※「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のEDは、全て歌唱が今一。これは歌い手さんが上手じゃないのではなく、歌いこなすための時間が十分に与えたれていないのだと推察してます。

それでも、ED曲の完成度は第1話〜第12話の中で一番良かったんじゃないかな。そして、素敵な黒猫のイラスト、これもなかなか。繰り返して聴いちゃいました。ノンテロップED欲しいです。


とても満足した第13話でした。第14話、第15話を視るのがとても楽しみ。特に、このまま原作どおりなら第15話は黒猫ファン必見です!!

なお、黒猫の誕生日が、平成8年4月20日だと初めて知りました。牡羊座?? ここから、第13話の中の時間は平成24年5月頃、ちょっと未来のお話でした。
posted by ぱりか〜る♪ at 22:22| Comment(4) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとは、1974年に製作されたTVアニメーションであり、第一次アニメーブームを作った作品です。

現代のアニメファンが、宇宙戦艦ヤマトを視たとしても、古臭い絵柄、個性的なキャラクターに、弾切れなど無くどんなに大きく船体が破壊されても翌週には直っている、実に都合よく開発されてる秘密兵器など、めちゃめちゃな古いアニメーションのイメージしか持つ事はないでしょう。

しかしながら、宇宙戦艦ヤマト(1作目)は意外なことにしっかりとしたSFなんです。いろいろ目を見張るものがありますが、個人的に一番印象的なのは「反射衛星砲」。光学兵器の直進する光線を、複数の人工衛星で反射させて、星の反対側の目標を攻撃するんです。これ、2008年に放送された「ガリレオ」ではレーザーの光を反射させ殺人を行うという形で使われてました。このアイディアを1970年台のアニメで使ってたんですよ。驚きです。

古臭い絵柄を許容できるのであれば、一度は視て欲しい作品です。

宇宙戦艦ヤマト DVD MEMORIAL BOX

そのOP&EDは次。

○宇宙戦艦ヤマト/宇宙戦艦ヤマト OP
○真っ赤なスカーフ/宇宙戦艦ヤマト ED


OPは、強い意志を感じる歌詞にささきいさおさんの力強くしっかりした歌唱の、昔ながらのアニソン。いろいろと大変なことが起きている昨今、この曲を聴いて元気をもらうのもいいかも知れません。EDは、同じくささきいさおさんが歌う切ない歌詞にメロディ。ささきいさおさんのテノールが最高にいい曲です。


ところで、アニメにはいろいろミラクルアイテムが出てくるけれど、宇宙戦艦ヤマトに出てくるミラクルアイテムといえばこれ!


こすもくりーなD1
※その名も「放射能除去装置:コスモクリーナD」。


こすもくりーなD2
※大気中の放射能を除去するのだ!


こすもくりーなD3
※あっ! 雪ちゃん!

放射線の遮断でも、放射性元素を取り除くでもなく、放射能を除去するこの装置。放射性同位元素を核分裂や融合の手段をとらずに、放射線を出す能力を取り去る、ミラクルアイテムなのです。今、ぜひとも欲しいアイテムです。


なお、宇宙戦艦ヤマトは、このコスモクリーナDを引き取りに、14万8千光年の彼方のイスカンダル星に向けお出かけする話です。
posted by ぱりか〜る♪ at 22:46| Comment(4) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

angelaさん

今日はangelaさんの2009年に発売された4thアルバムです。angelaさんと言えば、私の中では「明日へのbrilliant road」が一番のお気に入り。最近はどんな歌を歌っているのか、気になって借りた1枚でした。

実は、このアルバムはかなり前に借りたのですが、すっかり聴くのを忘れてました。iTunes用の空容量がいよいよ枯渇して来たため、整理してて思い出したのです

Land Ho!

angelaさんは、歌唱に巻き舌というか少し声くぐもらせる癖がありますが、歌唱力は上々。代表作「明日へのbrilliant road」「Shangri-La」はノリの良いメロディと共に、高域ののび良く力強い歌唱がとても印象的です。本アルバムでは、力強い歌唱はそのままに、以前に比べて歌唱の棘が取れた様。耳に突き刺さるようなウルサさがあったが、それが無くなりました。

収録曲は次。

○Galactic material
○Spiral/アスラクライン OP
○Beautiful fighter/屍姫 OP
○光、探せなくとも/屍姫 玄 ED
○満月オールナイト
○SONGS
○Fine!
○此処に居るよ
○innocence
○Beginning/屍姫 ED
○My story/屍姫 ED
○パノラマ


「Spiral」どことなく妖精帝國の音楽を連想させる進行。ノリの良い音楽にangelaさんの歌声が映えます。「Beautiful fighter」もどことなく妖精帝國の音楽を連想させる。ノリのよいメロディにサビ ♪叫んで 叶えて〜♪ がとても気持ちいい曲。「光、探せなくとも」は、戦いに疲れたヒロインを歌った曲なのか、少し落ち着いた曲調に少し悲しさが混じる。angelaさんの歌唱がとてもよい曲。「innocence」はとても一般曲とは思えない、なんとなく最近のロボット物のOPに使っても良いような感じで、「明日へのbrilliant road」「Shangri-La」に通じるノリの良い曲。「Beginning」は、一転落ち着いた曲調に、angelaさんのノビる歌声を堪能できる曲。「My story」は、ヒロインの戦う様を描いた曲でしょうか。少し緊張感をあおる曲調で始まるアップテンポの曲です。

これら以外の一般曲は、歌唱に重さが残るものの、光とか希望を感じる歌詞に明るめの曲調で、じつに良く一般曲してます。


なお、このアルバムには「屍姫」の曲がいくつか収録されている。「屍姫」は赤人義一先生の同名漫画作品をベースとしたアニメ(未視聴)。現世へ強い未練を有し、契約を結ぶことにより動く屍となる美少女(ヒロイン)と契約僧(主人公)の物語。。確か。アニメ化される前、ヒロインの御御足がとても素敵なところが気に入って良く読んでましたが、絵が。。もう読むのを止めてかなり経つため、現在どうなっているのかとても気になる作品です。
posted by ぱりか〜る♪ at 17:52| Comment(5) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

スーパーアニリミックス テクノポップ

「スーパーアニリミックス テクノポップ」、こんなCDを借りてみました。

レンタル屋で見かけたこのCD、収録曲目がなんかいい、わりと話題の曲がそろってます。これは、多少の歌唱力不足はあっても楽しめるんじゃないか? 大変期待して借りてみました!

スーパー・アニメ・リミックスプレゼンツ テクノポップ

・・・見事に、失敗しました。

タイトルどおりのテクノポップ、リズム感を強調した電子音、音数が少ない音は問題なし。想定の範囲内。歌唱は普通なのから下手なのまで、ここも特に問題なし。

そして歌唱は、ほぼ全篇に強力にDSPがかかり合成音声のよう。まるで、初音ミクの歌声を技術的に進化させてもっと上手くしたかのような歌声です。。。ここは、全くの誤算でした! これなら、人間である必要はなく初音ミクが歌ってくれた方が、何倍もいい!!

収録曲は次。

○STAR RISE/バンブーブレード
○星間飛行/マクロスFRONTIER
○創聖のアクエリオン/創聖のアクエリオン
○奈落の花/ひぐらしのなく頃に解
○motto☆派手にね!/かんなぎ
○やっぱり世界はあたし☆れじぇんど!!/恋姫無双〜ドキッ☆乙女だらけの三国志演義〜
○アンインストール/ぼくらの
○ムーンライト伝説/美少女戦士セーラームーン
○PSI-missing/とある魔術の禁書目録
○夢想歌/うたわれるもの
○ココロの跡/もっけ
○残酷な天使のテーゼ/新世紀エヴァンゲリオン


なんか、なかなか話題に上った曲を集めてあっていいでしょ?


DSPがかかった歌唱が100%ダメだったわけではなく、創聖のアクエリオン始め、いくつか部分的に面白いと思える曲もありました。基本的歌唱力のある方、力強さとか高域ののびがすごい方の歌声に、もう少し控えめにDSPをかけるのは、きっと面白いだろうと思う一枚でした。
posted by ぱりか〜る♪ at 21:01| Comment(4) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

シスタープリンセス その3

今日はシスタープリンセスのサントラCDです。以前借りたシスプリのCDはわりと良かったような記憶なので、レンタル屋でみつけて借りて来てしまいました。

今回は、PS用ソフト「シスター・プリンセス」の全ゲームBGMとオーケストラアレンジです。

シスター・プリンセス Original Sound Track PLUS

このアルバムに収録の歌は次の4曲です。

○MELODY(GAME ver.)/PSゲーム シスター・プリンセス OP
○shining★star(FULL ver.)/PSゲーム シスター・プリンセス ED

 歌:SISTER PRINCESS

12人の妹達(たぶん)の歌唱は普通より下手。しかしながら、聴いてると癒されるような優しい歌声、「shining★star」の少し明るい曲調・リズム感はちょっといい。

○DREAMIN’(GAME ver.)/PSゲーム シスター・プリンセス 挿入歌
○LOVE BROOM(GAME ver.)/PSゲーム シスター・プリンセス 挿入歌

 歌:伊藤真澄

高域ののびはないが癒し系の歌声、歌唱力は普通かちょっと下。スローテンポに優しい歌声で、柔らかく暖かい雰囲気を感じる曲。GAME ver.と言う事で 1分30秒 程度しかないのが少し残念。

残る36曲中35曲は、たぶんゲームで実際に使用されていたBGMです。とても音数の少ない、昔ながらのゲーム音楽です。

一方、最後に収録される

○Medley from “SISTER PRINCESS”

は、アコースティック楽器による演奏がいいですね。
posted by ぱりか〜る♪ at 22:37| Comment(2) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

ぱにぽにだっしゅ!

今日は「ぱにぽにだっしゅ!」のボーカルアルバムです。レンタル屋さんでみつけたこのアルバム、レベッカ宮元(斎藤千和さん)のジャケット画につられて借りてみました。

「ぱにぽにだっしゅ!」は、氷川へきる先生の漫画「ぱにぽに」を原作とするアニメ作品。ちょっと面白いかなぁと思いつつも、ほとんど視た事がない作品です。

ぱにぽにだっしゅ! ボーカルベストアルバム 歌のザ・ベストテン

このアルバムに収録されるは全部で24トラック。そのうち、半数の12トラックが「ぱにトーク」とされる、斎藤千和さんと折笠富美子、そして植田佳奈さん、阪田佳代さんの寸劇です。斎藤千和さんと言えば、私の中では「戦場ヶ原ひたぎ」や「暁美ほむら」なのですが、、イメージが音を立てて崩れました。この寸劇の中の斎藤千和さん、こんなキャラもするんだ。。

さてと、曲の方は、作品に合わせた適当な歌詞に、歌うは意外と豪華な声優陣が、キャラになりきり歌います。そのため、歌い手さん本来の歌唱力が発揮できていないのは残念ですが、トークの効果もあり作品本来の楽しさが上手く出ているアルバムです。

○ルーレット★ルーレット(一条さんver.)(桃月学園1年C組feat.一条さん)/ぱにぽにだっしゅ! OP
 歌:野中藍さんほか

○黄色いバカンス(桃月学園1年C組feat.6号さん:阪田佳代)/ぱにぽにだっしゅ! OP
 歌:阪田佳代さんほか

○ムーンライト・ラブ/ぱにぽにだっしゅ! ED
 歌:桃月学園1年で〜組(門脇舞以さん、生天目仁美さん、沢城みゆきさん、新谷良子さん、松来未祐さん)

○癒し系魔法少女ベホイミ/ぱにぽにだっしゅ! ED
 歌:門脇舞以さん

○雪月花/ぱにぽにだっしゅ! ED
 歌:斎藤千和さん

○黄色いバカンス(桃月学園1年C組feat.桃瀬くるみ:植田佳奈)/ぱにぽにだっしゅ! OP
 歌:植田佳奈さんほか

○ガールッピ/ぱにぽにだっしゅ! ED
 歌:桃月学園1年え〜☆び〜組(石毛佐和さん、中世明日香さん、樋口智恵子さん、広橋涼さん、日笠山亜美さん)

○にちようまにあ
 歌:斎藤千和さん

○ららる〜
 歌:植田佳奈さん

○ぱにぽにX!/ぱにぽにだっしゅ! 挿入歌
 歌:斎藤千和さん

○少女Q(桃月学園1年C組feat.上原都)/ぱにぽにだっしゅ! OP
 歌:堀江由衣さんほか

○黄色いバカンス(桃月学園1年C組feat.片桐姫子:折笠富美子)/ぱにぽにだっしゅ! OP
 歌:折笠富美子さんほか

「雪月花」は、切ないメロディがなかなかいいじゃないですか。時折素に戻りそうになる斎藤千和さんの歌唱も。「ぱにぽにX!」も、古臭い巨大ロボットみたいでとてもいい。もちろん、キャラになりきった斎藤千和さんの時折なげやりな歌唱も。そして「少女Q」。キャラになりきっているもの、さすが堀江由衣さん、安定感のある歌唱です。好きですこういう歌。

なお、桃月学園1年で〜組に誰か歌上手いひと混じってます。誰かは上手く識別できませんでしたが、今度DVDでも借りてきて確認してみたいですね。


なかなか楽しかった1枚でした。

まほっ? 最後の提供のお知らせは沢城みゆきさんかなぁ??
posted by ぱりか〜る♪ at 22:58| Comment(4) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

Charlotte

Charlotte(シャルロッテ)はお菓子の魔女。魔法少女まどか☆マギカに出てきて、マミさんを食べちゃいます。チーズが大好きなんです。

しゃるろって

先週、魔法少女まどか☆マギカの参考書籍(コミック2巻)を購入、そこじゃなくて1巻に出てくる愛らしいお菓子の魔女、、どこかで見たことあるなぁと思っていたのですよ。思い出しました。

ぱぺろ

似てるでしょう? NECが作ってるロボットPaPeRoです。

NECがロボット?なんて以外に思うかも知れませんが、SONYのアイボ、HONDAのアシモなどのロボットブームが起きたとき、密かにNECもロボットを出してたんです。

SONYやHONDAのロボットと違い、手や足はありません。愛らしいデザインと装着したタイヤで自動走行し、音声認識,簡単な知能,音声合成で会話するロボットです。音声認識には、先日までBiglobeでやっていた声ラボの技術なんかを利用しているのでしょう。中身はカメラ、無線LAN付きノートパソコンらしいですから、パソコンの一シリーズで販売して欲しいものです。今なら、Charlotte仕様なんか出したら売れるかも知れません。

KRコミックス 魔法少女まどか☆マギカ 2巻

2011年03月22日

ラブリー☆キララたん お姿3

「これはゾンビですか?」第11話第10話を視ました。本編は、物語最後に向けてシリアスに加速。原作ファンには少々物足りませんが、まぁ良かったのではないでしょうか。

それはともかく、久方ぶりのサラスバティ(=星川輝羅々)登場です!!

きららたん111

残念ながらラブリー☆キララたんのお姿ではありませんが、青く光る剣(水の剣)、赤く光る目、輝く黒髪ストレート、凛々しいお姿、素敵な御御足、ああ最高です! どことなく江藤蘭世に似てるのもグッドです。

物語上、登場が少ないのはとうぜんな成り行きで仕方がないのですが、心情的には、

きららたん113

きららたん112

です。

さてと、来週はそろそろ最終回かな。あー、後2話はありますね。来週もサラスバティの活躍、期待してますよ!!

これはゾンビですか?第6巻

2011年03月21日

創聖のアクエリオン

キャッチコピーは「あなたと合体したい…」の「創聖のアクエリオン」。今日はそのサウンドトラックCDです。パチスロのCMで有名になったテーマ曲をちゃんと聴いてみたいと思い借りてきました。

12,000年前の大戦の末に封印された人類の天敵「堕天翅」が、気候の大異変によって復活し、人類はこれと再び戦うために、「創聖の書」に記された伝説の機械天使「アクエリオン」を発掘する。 (by wikipedia)

なんか、とても面白そうだけど、未だ視てません。(≧∇≦)

創聖のアクエリオン オリジナルサウンドトラック
※ジャケット裏の曲目の文字がでかい。それと、ライナーノーツに描かれる絵が幼稚園児が書く絵を模したような画。斬新だ。。

○創聖のアクエリオン お兄さまと/創聖のアクエリオン OP
○プライド〜嘆きの旅
○荒野のヒース/創聖のアクエリオン ED

 歌:AKINO

少し枯れたような声質ながら高域のノビ良く、歌唱力は上々。なかなかいいですね。

「創聖のアクエリオン お兄さまと」は
最高にノリの良いサビ ♪一万と二千年まえから愛してる ♪八千年過ぎた頃からもっと恋しくなった ♪一億と二千年あとも愛してる〜、パチスロのCMで聴いた時から、気になって仕方がありませんでした。こういう歌大好きです。「プライド〜嘆きの旅」は、その声質を活かした曲。歌声が曲にとても合っています。「荒野のヒース」は、出だしは力強い歌唱、そして流れるような曲調が良い曲。

AKINOさんの歌、結構気に入りました。

○鳥になって
 歌:多田葵

優しい声質、高域も少し延びる歌声、歌唱力は普通よりちょっと上。優しさに包まれるような暖かさを感じる曲です。

○オムナ マグニ/創聖のアクエリオン ED
 歌:牧野由依

ぜんまい仕掛けの人形をモチーフにしてるのでしょうか、ちょっと不思議な感覚を与えてくれる曲です。


○アクエリウス
○high spirit
○マッチョバトル
○カルタゴ ノバ
○マックスボンバーギャル
○いばりんぼうアポロ
○Michelle
○機械天使アクエリオン
○brown horses
○ドラゴンレイカ
○sal
○聖アクエリオン
○毛玉


「アクエリウス」は、オーケストラによる重厚かつ迫力ある演奏、男性コーラス(「アクエリアス」)も雰囲気を盛り上げる、なかなかいい曲。「マッチョバトル」は、曲タイトルどおりのイメージを与える曲調で始まり、途中から女性コーラスも加わり幻想的な雰囲気に変わる曲。「カルタゴ ノバ」「聖アクエリオン」は、オペラ風な歌唱の曲。どんなシーンで使われるのだろうか、とても気になります。「機械天使アクエリオン」は、力強さと低音が良く効いた男性コーラスによる重厚さにあふれた曲。「sal」は、男女混声のコーラスが荘厳な雰囲気をかもし出す曲。

オーケストラを使った、重厚かつ迫力ある曲からコミカルな曲、時に民族音楽的な曲、また男性コーラス、女性コーラス、時に混声コーラスを加えて幻想的な雰囲気、荘厳な雰囲気の曲と、実にバラエティに富んでます。ふとジャケットを確認したら、ぎょぇ〜、菅野よう子さんプロデュース! 菅野よう子さんにはいつも驚かされます。作る曲の幅が広いのです。


ヴォーカル曲、BGM共にとても満足した一枚でした。すごいよ、菅野よう子さん。
posted by ぱりか〜る♪ at 22:42| Comment(6) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

地球へ…

今日は映画「地球へ…」のサントラCDです。レンタル屋さんでみつけて、ダカーポがテーマソングを聴いてみたいと思い、つい借りて来てしまいました。

「地球へ…」は竹宮恵子先生の同名漫画を原作とするアニメ。2007年にTVアニメ化されましたが、今日のCDは1980年に公開さいれた映画の方です。

交響組曲 地球へ・・・

一聴して、普通のアニソン歌手とはちょっと違うと感じる、ダ・カーポはフォークソングなどを歌われている夫婦デュオ(現在は、愛娘を加えて3人で活動されているとか)です。

メインボーカルは奥様広子さん。優しい歌声、昔ながらのフォークソング的な歌唱、どこかフォーマルな歌唱です。

○地球へ…(Coming Home To Terra)/地球へ… OP
○愛の惑星(All We Need is Love)/地球へ… ED


「地球へ…」は、流れるようなサビ ♪Coming Home To Terra ♪Coming Home To Terra ♪愛の星 その名は テ〜ラ〜 が気持ちいい曲です。「愛の惑星」は、優しく澄んだ広子さんの歌唱で始まり、サビ ♪All we needs love ♪All we needs love でコーラスと共に大きく盛り上がる曲です。


なお、このCDはサウンドトラックであり、OP&EDの他に作中で使用されたBGMが収録されています。当初、サントラ部分はあまり期待せずに借りたのですが、、オーケストラによる壮大でアコースティックな音、壮大重厚な演奏。このサントラ部分がなかなか良いのです。

○遥かなる憧憬の地
○目覚めの日
○眠れる獅子…ミュウ
○苦難への旅立ち
○アタラクシアの若者達
○新しい生命の賛歌
○宿命の二人
○メンバーズ・エリート キース・アニアン
○燃える惑星ナスカ
○星の海の闘い
○ジョミー・マーキス・シン
○友情の勝利


OP&EDは決して悪くはないのですが、このサントラ部分を聴いてしまうととても軽く聴こえてしまいます。


サントラ部分が良い1枚でした。
posted by ぱりか〜る♪ at 22:02| Comment(2) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未来少年コナン

西暦2008年、人類は絶滅の危機に直面していた。核兵器をはるかに超える超磁力兵器が世界の半分を一瞬にして消滅させてしまったのだ。地球は大地殻変動に襲われ、地軸は捻じ曲がり5つの大陸はことごとく引き裂かれ、海に沈んでしまった。。

※2008年って、、3年前なのか、、。

未来少年コナン 30周年メモリアルボックス (期間限定生産)

近年「コナン」と言えば「名探偵コナン」が一番にイメージされますが、年齢を重ねた御仁に尋ねるとほぼ確実に「未来少年コナン」の名前が出てきます。「未来少年コナン」は、核兵器を超える兵器による地球破壊後の地殻変動が続く世界を舞台にし、ボーイミーツガール、敵に捕まる太陽エネルギーの鍵を握る女の子を少年が助ける話を基本とするSF。あの宮崎駿さんの初監督作品、名作です。

そのOP&EDは次。

○いま地球が目覚める/未来少年コナン OP
○幸せの予感/未来少年コナン ED


歌唱は鎌田直純さんと山路ゆう子さんのデュエット。鎌田さんの素朴でやさしい感じの歌声に、堀江美都子さんにちょっと似た声質でもっとフォーマルにしたような山路さんのしっかりした歌声、なかなかいい取り合わせです。

「いま地球が目覚める」は、最終兵器・大地殻変動後に再生していく様を描いた曲。「幸せの予感」は、切ない感じの曲調、不安・とまどいを感じる歌詞で始まりながら、終盤明るさを感じる曲調、「♪いきているから〜 ♪あしたがあるから〜」希望を感じる歌詞に変わる曲です。

実は、震災発生およびその後の復興のニュースを見てて、ふとこの作品を思い出したんですよ。

なお、なかなかいい声質としっかりした歌唱の山路ゆう子さん、今はどうされているのかなと調べたところ、ライブハウスや教会、少年院、刑務所、病院、福祉施設等…全国各地で、オリジナル&スタンダートのゴスペルや愛唱歌の弾き語りを行っているとのこと。こうやってずっと活躍を続けられているというのは、アニソンを愛する私としてはとても嬉しい限りです。


ところで、この「未来少年コナン」と言えば、主人公の「コナン」はもちろん、そのヒロインの「ラナ」の存在は欠かせません。

未来少年コナン 7

特にラナが活躍する第8話「逃亡」のシーンは大変有名。沈むボートの残骸につなぎ止められ息の出来ないコナンのために、海面とコナンの元を往復し口移しで空気を与え、「コナン 生きて 生きて 生きて!」、自らは力尽きて海面に沈む姿が、とても切なく感動的です。男性の半数以上はラナが好きになることでしょう。


近年のアニメ作品にみる萌えキャラとはちょっと違う、昔の正統派ヒロイン。たまにはこんな美少女に萌えてみてるのもいいですよ。
posted by ぱりか〜る♪ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

梶浦由記さん その13

今日は梶浦由記さんの劇場版「空の境界」第一章〜終章までのサウンドトラックCDです。

梶浦由記さんの声を積極的に使うBGMが大好きで、劇場版「空の境界」の音楽を担当されたことも知っていたのですが、当初は完全生産限定版DVDの特典としてかリリースされてなかったんです。それが今回CDとなって販売されると聞いて、即刻注文しちゃいました。

なお、使われた劇場版「空の境界」は、第六章忘却録音に出演する黒桐鮮花ちゃんがとても気になりますが、未視聴です。

the Garden of sinners-劇場版「空の境界」音楽集-

ゆったりと流れるような曲調のものからアップテンポな曲調に、弦楽器(ギター??)、フルート、ピアノ、ヴァイオリンの透明感ある旋律、重厚なサウンド、そこにコーラスが加わり幻想的な荘厳ともいえる雰囲気をかもし出す、梶浦サウンド。綺麗でかっこいいはやはりいい。

NOIRや.hack//SIGN,MADLAX,ツバサ,舞-HiMEなどにおける曲においてはどこか似た感じがありましたが(若干食傷気味だった)、このアルバムに収録される曲などの近年の曲においては少し変わってきた気がします。

今までは、声を積極的に使うBGM以外は、好みから外れることが多かったのですが、このアルバムは別。全部自分の好みに入ります。また、このサントラCDには、梶浦由記さんの曲の最大の特徴である声を積極的に使うBGMが多数収録されているのもプラスポイントです。

DISC1
○in the garden of sinners
○Thanatos (俯瞰風景)
○I something and nothing (殺人考察(前))
○II quiet romance (殺人考察(前))
○III rain goes up (殺人考察(前))
○if I cry (痛覚残留)
○garan-no-dou (伽藍の洞)
○kyoukai-shiki
○I magician (矛盾螺旋)
○II paradox (矛盾螺旋)


DISC2
○III spiral (矛盾螺旋)
○IV paradigm (矛盾螺旋)
○when the fairy tale ends (忘却録音)
○I everything, not nothing (殺人考察(後))
○II into the light (殺人考察(後))
○III epilogue (殺人考察(後))
○I kara-no-kyoukai (空の境界)
○II snow is falling (空の境界)



やっぱり梶浦サウンドはいい。と言う事で好みは全曲。

なお、このアルバムでは、一つの曲というより複数の曲をつなぎ合わせたメドレー、たぶん各章ごとに、いくつか収録されています。未視聴の作品をイメージさせるような曲です。
posted by ぱりか〜る♪ at 22:07| Comment(2) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

仙台に行ってきた

3/11に仙台市で地震にあい、翌3/12になんとか平穏の地(他県にある自宅)戻って来たはいいものの、仙台への行き帰りに使っていたJRは復旧せず、車で行こうにもガソリンの入手がままならずで、仙台に行けずにいた。そこへ、臨時バスが出るようになり、最初の頃こそ非常な混雑を示していたものの昨日位から少し落ち着いてきた模様。

と言う事で、、本日(3/17)、仙台に行って来た

今朝の天気は大雪。臨時バスの始発バスターミナルまで家族の車で送ってもらうこと50分、待つこと30分。臨時バスの本数は少なく、「燃料供給がストップしたら運休」のただし書きもあり心配したが、利用者が多いのを見て臨時バスを増発してくれたようで、あまり待たずに乗車することができた。大感謝!>バス会社の人

バスに揺られること1時間30分、久しぶりに仙台駅前に降り立った。一見する街並み、通りを走る車を見ると普段と変わらないように見えるが、、

 ・さくら野百貨店の前に残る地震で上から落ちてきた瓦礫、ときおり見かける建物の損壊、
 ・ガソリンスタンドに並ぶ一体最後尾はどこ?と思う長蛇の車列、
 ・最初は一体なんの列か判らなかった食料を買い求める沢山の人々、
 ・ほとんどが閉店しているコンビニ、飲食店、
 ・3/12にはまだいろいろ購入できた自動販売機に並ぶ売り切れのサイン

目だった被害のなかった仙台中心部にも地震の影響は確実に残ってた。特にガソリン・燃料と食料の不足がかなり深刻なようだ。ちなみに、私の住む街ではガソリン不足はほぼ同様だが、食料の流通状況はもう少しまし。

久しぶりに入る自身が所属する組織のビル、人はまばらながらどこかのんびり対応を進めてた。何名かの在籍者に再度確認したが、その家族含め地震によるけが人などは居なかった模様。幸いだ。そういえば、上の者の姿が見えないと思っていたが、、給湯室に居た。洗剤で頭洗ってた。自宅の水道が復旧していないとのこと。どうも仙台郊外はまだ水道、ガスの復旧ができていない模様だ。

その後、地震発生時、およびその夜に身を寄せたビルに赴いたが、そこは沢山の人が来ており、テキパキと各種対応をされていた。基本的に全員無事ではあったが、家を流されたとか、交通手段がないメンバなどがいたが、組織でバックアップしていた。なんかうらやましい。。

とにかくも、津波などの被害のない仙台市中心部ながらいろいろ地震の影響が残っており、そして着実に元に戻ろうとしてた。


と言う事で、、明日も仙台にいかずにお休み!

なお、せっかく仙台に行ったので、心理学書
 マンガで分かる心療内科 1, 2巻
 おとなの1ページ心理学 1,2巻
を購入して来た。
posted by ぱりか〜る♪ at 20:27| Comment(4) | TrackBack(0) | ごあいさつに、ただの日記♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

梶浦由記さん その12

今日は、梶浦由記さんのCD「The Works for Soundtrack」です。

これは梶浦由記さんの初期の頃の作品や、今では入手困難となった作品、初めてCD化される作品を集めたアルバムです。アニメ・ゲーム関連ではNOIR以前の作品「新気まぐれオレンジ☆ロード」「EAT-MAN」の曲が収録されています。できれば「ダブルキャスト」も収録してくれると嬉しかったかな。

私、梶浦由記さんの楽曲、特に人の声を積極的に使ったBGMが大好きでアルバムを結構所持しています。おそらく、梶浦由記さんが人の声をBGMによく使うようになったのはNOIR以降。そのため、NOIRより前の曲を聴いたことがなかったんです。ちょうどいい機会だと思い購入してみました。

なお、梶浦由記さんの曲を最近聴かないなぁと思ってましたが、今期ダークホース的に一気に私の関心をかっさらっていった「魔法少女まどか☆マギカ」に使われ、作品の雰囲気を大いに盛り上げてくれています。

The Works for Soundtrack

最初の頃はアコースティックな楽器が中心の取り立てて印象深さのない楽曲なのですが、EAT-MANから大きく変化、声を使ったBGMこそ少ないものの、現在の梶浦サウンドに通じる音楽に変わりました。楽曲の深みがましています。

なお、このEAT-MANが真下耕一監督との初めてのお仕事だとか。真下耕一監督は、ほんとに梶浦由記さんの音楽に大きく影響を与えた人だわ。

DISC1
○1994年 アルバム「Afternoon Tea I」
○1995年 映画「東京兄弟」
○1996年 劇場版「新気まぐれオレンジ☆ロード そしてあの夏のはじまり」
○1997年 アニメ「EAT-MAN」
○2000年 映画「月」

DISC2
○2000年 映画「ブギーポップは笑わない」
○2000年 ゲーム「BLOOD THE LAST VAMPIRE」
○1999年 映画「Rainbow」
○2004年 TV「経済羅針盤」
○2010年 ドラマ「15歳の志願兵」

DSIC3
○2007年 TV「世界里山紀行」

梶浦由記さんの曲といえば、声を積極的につかったBGM。コーラスは女性のイメージが強いのですが、このアルバムでは男性コーラスの曲がいくつか、
 「Songs With No Words 〜original ver. (EAT-MAN)」
 「nepenthe #1 (ブギーポップは笑わない Boogiepop and Others)」
 「tears fall in my heart (15歳の志願兵)」
 「where every life is beautiful (世界里山紀行)」
などがあります。女性コーラスの幻想的な感じ、澄み渡った感じの曲とすると、男性コーラスは荘厳さとか恐怖をかもし出してくれます。

EAT-MAN以降、どれもがすばらしいですが、近年の「経済羅針盤」「世界里山紀行」が好きです。「15歳の志願兵」は、ピアノなどアコースティック楽器中心の楽曲で、重厚な雰囲気・曲調に澄んだ音がなかなかいいですし、「世界里山紀行」は、やさしい雰囲気のピアノ曲や、バイオリン、二胡?、笛?などのアコースティックな音色、あたたかいギター?曲、澄みわたるコーラスが良い1、15、22、23曲目など、全般的に好みです。


なかなか良いアルバムでした。
posted by ぱりか〜る♪ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

桑島法子さん その3

今日3枚目は桑島法子さんの2008年に発売された5thアルバム,デビュー後10年間のアニメ・キャラクターソングをまとめたベスト・アルバムです。3枚をまとめ借りしてたんです。(というか他置いてなかった)

この3枚が、桑島法子さんのキャラソンベストアルバムの全部です。

純色brilliant

先に聴いたアルバムと基本的に同一。澄んだ歌声は低域も少しあり高域の伸びもあり艶もあります。また可愛らしい声の歌あり。歌唱力はとても安定して普通、いえ上々です。可愛らしい声の歌などは、もろにキャラ声を意識しているのでしょう、それでいながらわざとらしさ/作られた感がほとんどなく好感が持てます。十分な歌唱力+自然なキャラ声、素晴らしいです。

デビュー後10年間のベストアルバムとあって、収録曲はどれも良曲です。

○ホントの笑顔で/無限のリヴァイアス キャラソン
○a wonderful world(KH-R‘HO213 EX’MIX)/アルジェントソーマ 挿入歌
○For the future Lovers/アルジェントソーマ
○こわれもの〜Fragile/アルジェントソーマ
○canta per me(Japanese Ver.)/NOIR イメージソング
○エム・モア/NOIR イメージソング
○la,la maladie du sommeil/ラーゼフォン イメージソング
○ビヨンド(2005 Solo Ver.)/ちょびっツ イメージソング
○偲芳歌/十二国記 挿入歌
○深海の空/絢爛舞踏祭 ザ・マーズ・デイブレイク イメージソング
○深海の孤独/機動戦士ガンダムSEED DESTINY 挿入歌
○The Ballad of Wendy/ウェンディのバラッド/ガンソード


このアルバムは、桑島法子さんの良好な歌声を堪能できる曲が多く、全般的に好み。歌としてなんかなぁと思っていた「canta per me(Japanese Ver.)」「エム・モア」すらもあらためて聴くと、桑島法子さんの歌声がなかなかいい。

○制服 -1996 Solo Ver.-

そして、驚きがこの最後の曲! 実は歌唱力のある松田聖子さんの歌をカバーするなんて!と思っていましたが、そんなに悪くありません。純粋に比較してしまうと盛大にアラが見えますが桑島法子さんの制服、なかなか味があります。


アルバム3枚を聴くまでは、桑島法子さんの曲はそんなに好きではなかったのですが、今日あらためて聴いて良さに気づきました。
posted by ぱりか〜る♪ at 19:12| Comment(2) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桑島法子さん その2

今日2枚目は桑島法子さんの4thアルバム、2枚目のキャラソンBESTアルバムです。発売されたのは2003年9月、わりと良かったRealigiより3年後のリリースで、ちょっと期待してます。

キャラクターソングBEST en route

先に聴いたアルバムと基本的に同一。歌声は低域も少しあり高域の伸びもあります。声質に艶もあり。2000年に発売された1stアルバムと比べての変化では、若干力強い歌唱が良くなりました。歌唱力は変わらず安定して普通です。

なお、ちょっとあれっ?と思ったのが「Be turned」。なんか大人びた歌声、黙って聴かされたら別人と勘違いしそうです。「熱情」は宝塚にでも使われそうな曲、歌唱。何か新しい歌に挑戦しているかのよう。

○ドロレスの子守唄/Z.O.E Dolores,i 挿入歌
○解き放て!/Blue Gender OP
○Sweet/花ざかりの君たちへ イメージソング
○貝がらの夢/アルジェントソーマ イメージソング
○桃天使2003/Dancing Blade かってに桃天使II〜Tears of Eden〜
○旅のはじまり/Dancing Blade かってに桃天使! テーマソング
○明日は負けないGO! FRIEND!/あずまんが大王
○territory/メモリーサイト75 イメージソング
○Be turned - 万難地天 -/伝心まもって守護月天! イメージソング
○熱情/機動天使エンジェリックレイヤー イメージソング
○Anniversary/ときめきメモリアル イメージソング
○海から生まれた子供たち/1314 V-STATION ミュージックソンスペシャル みんな地球の仲間たち(ラジオ) イメージソング
○明日の花/CLUB db ED


1stアルバム同様、後半に聴かせる曲が多いですね。この中でお気に入りは、、アップテンポが気持ちいい「桃天使2003」。切ない感じの「旅のはじまり」。歌声がいい「Anniversary」。


全般的に悪くないのですが、好みの曲は少なめの1枚でした。
posted by ぱりか〜る♪ at 14:50| Comment(2) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桑島法子さん その1

今日1枚目は桑島法子さんの1stアルバム、キャラソンBESTアルバムです。震災で結構ブログ休んじゃいましたが、せっかくの自宅待機、この機に挽回しようかと。

借りたのは10日位前、3枚ほどまとめ借りしました。返却期限の都合で返してしまいましたが、まだちゃんと聴けてなくブログ記事にできてなかったんですよ。ああ、そう言えば、アニソンCDを沢山置いててくれた仙台のレンタル屋さん、大丈夫かな。。

realigi キャラクターソングBEST

歌声は低域も少しあり高域の伸びもあります。声質に艶もあり、わりと良いんじゃないでしょうか。歌唱力は安定して普通。ただし、初期の頃の曲における歌唱、キャラソンアルバムということでしかたないが、キャラ声でバカっぽく歌う歌における歌唱は今一。

全般的としては、に桑島法子さんの魅力を感じるいいアルバムではないでしょうか。

○私らしく/機動戦艦ナデシコ ED
○夢の翼を拡げて〜しろボンのテーマ〜/Bビーダマン爆外伝
○somewhere/スレイヤーズTRY ED
○Believe/Dancing Blade かってに桃天使! OP
○雷弩機兵ガイブレイブのテーマ/雷弩機兵ガイブレイブII
○雨のち晴れたら(キャンディ・ポップ・ヴァージョン)/みつめてナイト
○神世界・風/神風怪盗ジャンヌ
○サンクトウス/神風怪盗ジャンヌ
○Tears of Eden/Dancing Blade かってに桃天使II〜Tears of Eden〜 ED
○cocoon/CLUB db OP
○It’s Too Late/CLUB db ED


お気に入りは、しっとり聴かせる「somewhere」がいいかと思いきや、アップテンポの「Believe」がなんかいいな。♪I Believe you again! それと「雨のち晴れたら」は、普段は嫌いなキャラ声。でも歌詞も含めて素直に可愛いい声が、今の自分の気持ちを癒してくれる。「神世界・風」は桑島法子さんのいい歌唱を堪能する曲。「サンクトウス」は切ない感じの曲。「Tears of Eden」が一番のお気に入り。感動的なシーンに使ったら結構いけるかも。

前半は3枚も借りて失敗したかなと思ってましたが、後半に桑島法子さんの歌の魅力を感じる一枚でした。
posted by ぱりか〜る♪ at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする