2010年07月31日

ステップ・ジュン

昨日に引き続き、レンタルCDです。

LINK

○びん感!メカニック/は〜いステップジュン OP

実はこの曲とEDの「ライバル360度〜恋愛発展可能性0〜」を探してたんですよ。古臭いメロディ、電波な歌詞、女性2人のデユオ、私好みの要素がいっぱいの2曲なんです。このCDをレンタル屋で見つけた時にはかなり喜んでしまいましたが、「ぴぴこぴこ、ぴぴこぴこぴこ、ぴぴこぴこ〜」が強印象なEDが収録されていないのは大変残念。また、探さなきゃ。

なお、これらは小林明子さん、小林直子さんが歌われているのですが、Wikipediaで調べたら小林明子さんて『金曜日の妻たちへ』主題歌を作曲および歌われた方なんですね。ちょっと驚いてしまいました。
posted by ぱりか〜る♪ at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

アニメ・ホット・ウェーブ

今日はレンタルCDです。

LINK

○不思議色ハピネス/魔法のスター・マジカルエミ OP
○金のリボンでRockして/魔法のアイドル・パステルユーミ OP

4枚で借りるとちょっと割引が効くんじゃなかったかなと思い、4枚目を探していてつい血迷って借りてしまいました。志賀真理子さんの「金のリボンでRockして」が収録されているので借りてしまいましたが、冷静になった帰る道すがら、以前「金のリボンでRockして」は入手したような、、と思っていたら、はは、別CDで入手済みでした。

という事で、ここでの収穫は小幡洋子さんの曲です。意外と歌上手いですね。Wikipediaで調べたら、デビューしたての新人歌手の時にマジカルエミに出演した様子。あまり活躍することなく引退されてしまいましたが、意外と現代の方が売れたかも知れません。歌を続けていたらかなりの歌唱力を持ったのではないでしょうか。

さて、今回本命のレンタルCD。 

LINK

○デリンジャー/キャッツ・アイ OP
○時間の誘惑/ゴッドマジンガー ED
○シ・ネ・マ/めぞん一刻 ED

この「時間の誘惑」、探していたんですよ。Amazonで曲名「時間の誘惑」では上手く検索できず、歌手「遠藤晴美」で検索しても「東京ムービーアンソロジー」しか出てこない。しかもそれがレンタル屋に置いていないんです。(「ゴッドマジンガー」で検索すれば良かったのですけど。) あきらめつつもレンタル屋の端末で「遠藤晴美」で検索したら!! ありました! 喜んじゃいました。 久しぶりに聴くとなんと言うことはない歌なのですが、「心ななめ15度に〜」のサビの部分のメロディ、歌詞が?だったこともありとても印象に残ってたんです。好きなんですこのサビ。

初期のOP「CAT'S EYE」が強力過ぎたか、この「デリンジャー」は全く記憶にありませんでした。でも普通に良曲じゃないでしょうか。

そして、収穫は「シ・ネ・マ」、なかなかいい曲ですね。当時はこの曲の魅力にあまり気づきませんでした。前に聴いた「あした晴れるか」もそうでしたが、めぞん一刻のアニソンって、結構いいのがそろってるじゃないですか?

なんか、めぞん一刻のアニソンCDに興味が沸いて来てしまいました。


ところで、このアニメ・ホット・ウェーブ、なんか意外といい曲集めてません?
posted by ぱりか〜る♪ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

Rozen Maiden ドラマCD(アニメじゃない版)

今日はRozen MaidenのドラマCD、アニメ化される前の作品です。

LINK

ええ、イラストはPEACHPIT先生ですよ。いいですよね。ちなみにCDジャケットの裏(ふたを開けて見える面)には翠星石と雛苺のイラストが描かれています。

さて、中身ですが、アニメとはキャストが違いますが、口癖に特徴のあるセリフをしゃべっている限りにおいて、アニメもこのドラマCDも違和感は少ないです。

一方で、口癖的な部分以外の部分において、アニメでは腹黒さとツンデレ全開の翠星石が、時折であるが弱々しさが出ていたり、声にどうしようもなく違和感が出ていたり、アニメでは強さと言うかドSさを見せていた水銀燈が、能登麻美子さんが演じることにより、ドS度が影を潜めているところとか、違和感は出てしまいます。

ああ、でもこのキャスト、堀江由衣さん、久川綾さん、能登麻美子さん、水樹奈々さん、川澄綾子さんなど、なんか豪華だわ。
posted by ぱりか〜る♪ at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

Rozen Maiden ドラマCD

まだ、来ない。。と言うことで、昨日に続き久しぶりにドラマCDをひっぱり出してみました。

LINK
LINK
LINK

ローゼンメイデンのドラマCDは、最近の作品は皆そうなのかも知れませんが、多数枚リリースされています。上記はそのうちの3枚。

ドラマCD、原作のあるシリアスな作品はどうしても原作と比較してしまい、ドラマに集中できないので、原作からちょっと離れてドタバタをやってくれるのが楽しくて良いです。この3枚は、原作ではなくアニメのローゼンメイデンのドラマCDとなりますが、アニメのストーリからも離れ、アリスゲームをすっかり忘れ、ドタバタを演じてくれます。

1枚目の「Detektiv」は、一人真面目にシリアスを決め込む水銀燈ですが、最後までもっと大事な問題に直面している皆(真紅、翠星石、蒼星石、雛苺)、ジュンにまで相手にしてもらえない。しまいには水銀燈も目的忘れているし。2枚目のトロイメントのオリジナルドラマCDも、翠星石はツンデレ全開だし、「巴、恐ろしい子」と言う真紅(本来はツンデレ要素無いのですけどね)、笑えます。なお、無口キャラの薔薇水晶も出演してます(もちろん、いつもよりいっぱいしゃべってます)。3枚目もドタバタを演じてくれますが、これはちょっと狙いすぎかな。

先の2枚がお薦めです。
posted by ぱりか〜る♪ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

Rozen Maiden ラジオCD

変だなぁ、そろそろ頼んだCDがとどくはずだったのだけれども。。という事でちょっと場つなぎ。久しぶりに聴いてみました。

LINK

2期はなんかコメディ色、ツンデレ色が強い作品となってしまっていましたが、Rozen Maidenその絵柄からちょっとかけ離れ、意外とシリアスな話なのです。その雰囲気の延長でラジオCDを聴くと、、そのあまりのまったり感、真紅とジュンのゆる〜い会話ににま〜としていまします。人生の悩みなんかバカみたいと思ってしまう、ひと時の幸せをくれるCDです。

Webラジオの本放送は全てを聴くことはできませんでしたが、収録現場のゆる〜い雰囲気が伝わってきそうな感じで、可能であれば全てを聴いてみたいと思ったものでした。

また、収録されているラジオドラマも楽しいですよ。こういうドラマCDは嫌いだったのですが、Rozen Maidenでその真価を認めることとなりました。

海と薔薇乙女、、アニティークドールを潮風に晒して問題ないんだろうか。。紫外線もやばいんじゃ。。とにかく想像つかない組み合わせとか、実際には出てこないけど「ゲストはホーリエ」なんてバカな進行好きですよ、などなど。

なお、この続きは、、、

LINK

に付いてくるんですよね。商売上手〜。
posted by ぱりか〜る♪ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

ルルティアさん 3

今日はルルティアさんの3rdアルバムです。先の2枚はレンタルでしたが、このアルバムは購入ものです。

LINK

○トロイメライ/ポポロクロイス はじまりの冒険 OP
○月千一夜/ポポロクロイス はじまりの冒険 ED

ルルティアさんを知ったのがこの「月千一夜」でした。アニメの方は未視聴ですが、たまたまこの曲を知り、一聴目はちょっといいな程度だったんですが、2,3度と聴く内に独特の音楽と声にすっかりはまっていました。そして他にどんな曲があるのかと「トロイメライ」を聴き、一般曲にも興味がわくのにそんなに日数はかかりませんでした。そしてこのアルバムを含む2枚のアルバム購入を決めました。

このアルバムも、相変わらずルルティアさんの幻想的で美しい曲で満ちていますね、とてもいいです。


ところで、ルルティアさんのかすれる声は彼女の特徴ですが、以前ブログに書いた牧野由依さんもかすれる声なんです。ルルティア=タヒチ語で『恵みの雨』、牧野由依さんのアムリタ=インド神話に登場する神秘的な飲料、と神秘的な響きの言葉に縁があるとこまで、私の頭の中ではなんか近しいなと思うとるところです。


なお、明日は都合でブログはお休みです。
posted by ぱりか〜る♪ at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

ルルティアさん 2

今日はルルティアさんの2枚目のアルバムです。このアルバムにもアニソンは収録されていません。

LINK

1枚目同様、幻想的で美しい曲が収録されています。特異な世界観の歌詞も相変わらず、そして、ルルティアさんの歌唱が癒しを与えてくれます。

ほんと好みの曲が多いし、歌声がとても良く、私の中の好きなアニソンの歌い手さんの内、かなり上位に飛び込んできた感じです。


posted by ぱりか〜る♪ at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

ルルティアさん 1

今日はルルティアさんの1stアルバムです。先日、某Q&Aサイトで知り、岡崎律子さんのアルバムと一緒に借りてきました。アニソンの歌い手さんとして知ったのですが、このアルバムにはアニソンは収録されていません。

LINK

ちょっとかすれる質の声を持ち、幻想的で美しい曲を作られる方です。また、ルルティアさんが紡ぎ出す歌詞の世界はかなり、いままであまり知ることのなかったタイプで、面白い。アルバムほぼ全部、自分好みの曲です。

かなり自分の好みの歌い手さんであるルルティアさんですが、タイアップ曲もいくつか出されているのにタイアップが自分の好きな方向と違っていたりで、今まで見つけることができませんでした。改めて、自分の知ってるアニソンの歌い手さんて少ないなと感じてしまいます。

明日も、もちろんルルティアさんです。

posted by ぱりか〜る♪ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

岡崎律子さん 5

今日は岡崎律子さんのスペシャルアルバムです。ベストアルバムかなと思っていたのですが、公式ファンクラブ「Ritzberry Fields」にて自主制作で限定販売していたCD『プライヴェート・レコーディングス』の3作品に収録されていた楽曲全11曲を集め、改めてCD化・一般発売した作品集とのこと。なお、このアルバムにもアニソンは収録されていません。

LINK

アルバムタイトルに 1999〜2001 とあるので、その頃に作られた曲なのでしょう。昨日のベストアルバムの後の作品ですね。

・・・すごい、1曲目から岡崎律子さんの歌の世界にどっぷり浸ってしまいます。しかも最後の曲までずっと! 昨日のベストアルバムがどこか少し違う雰囲気をにじませていましたが、この頃には完全に全開! 歌唱に感情の込め方が半端じゃない。やさしい気持ちにさせてくれたり、ちょっとそわそわした気持ちにさせてくれたり、相手を思う気持ちでいっぱいにさせてくれたり、あたたかい気持ちにさせてくれたり、いろいろ。

個人的には For RITZ より好きなアルバムです。

なお、このアルバムはCD-EXTRA形式。A Happy LifeのPVが収録されており、楽しそうに歌う岡崎律子さんがの姿を拝見することができます。


posted by ぱりか〜る♪ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

岡崎律子さん 4

今日は、1997年に発売された岡崎律子さんの初期の頃のベストアルバムです。私の一番好きなアニソンの歌い手さんのアルバムなのですが、レンタル屋さんで借りてきました。

LINK

このアルバムにはアニソンは収録されていません。

岡崎さんらしい、しっとり聴かせる曲が多数収録されています。どれもが良曲です。最愛(2ndシングル)、A Happy Life(5thシングル)なんて、うなってしまうくらい素晴らしい。

しかしながら、岡崎さんの曲は、時にはしっとり静かな感情を表現した曲や、楽しく暖かい曲などバラエティにとんでいるのですが、このベストアルバムではしっとりと歌いあげる曲がほとんど。結果、最後のA Happy Lifeが希望を見せてくれる構成となっています。他にも暖かい曲聴きたかったな。

ただ、しっとり歌い上げる曲でも、後年の作品と聴き比べると、後年の作品がさらに練られていると言うか歌詞に込めた思いをより感じてしまいます。


posted by ぱりか〜る♪ at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

妖精帝國 ベストアルバムに入ってないアニソン4

今日も妖精帝國のベストアルバム未収録アニソン・ゲーソン、「舞-乙HiME」関連曲です。

LINK

○導きの蒼/ゲーム 舞-乙HiME 乙女舞闘史!! ED

カップリングのValkyrja同様ノリの良い曲。好きな曲調、ボーカルも悪くないのですが、最近の曲と比べてしまうと何かが物足りないんです。これも比較的初期の頃の曲。どうも最近の曲を聴いて知っているがために無意識の内に比較してしまっている模様です。今更ながらGothic Lolita Doctrineって名曲ぞろいじゃないですか。

ところで、これで妖精帝國のベストアルバム未収録アニソン・ゲーソンは一旦終了です。クイーンズブレイド スパイラルカオスや聖痕のクェイサーの主題歌など、未だアルバムに収録されていない曲がありますが、それらは次のアルバム(いつになるのか判りませんが)の収録対象となるかと思いますので、その時に取り上げる予定です。

そういえば、妖精帝國の式典(ライブ)はDVD化とかされないのかしら? あれば買っちゃうんだけれども。Animero Summer Live 2009(未購入)には出ているんだよなぁ。。
posted by ぱりか〜る♪ at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

妖精帝國 ベストアルバムに入ってないアニソン3

今日も妖精帝國のベストアルバム未収録アニソン・ゲーソン、「黒神 The Animation」関連の曲です。

LINK

○遠い幻/黒神 The Animation 挿入歌

静かに聴かせる曲です。初期の頃の曲と比べると、同じ静かに聴かせる曲でも歌唱力がずっと良く、もちろん曲自体も良く、安心して聴き入ることができます。この曲狙いで購入となりましたが、正解です。

なお、「彩の無い世界」は妖精帝國のミニアルバムであり、「黒神 The Animation」のED、挿入歌など5曲が収録されています。ベストアルバム「Gothic Lolita Doctrine」にはそのミニアルバムから4曲が収録されています。そうこの「遠い幻」だけが未収録となります。なんかちょっと商売上手?と考えてしまいます。。2,3曲とか、メインの「彩の無い世界」が未収録だったらさもありなんだったのですけれども。

いいなぁ、これ。


LINK

○月光の契り/黒神 The Animation ED

先の「遠い幻」同様、静かに聴かせる曲。続けて静かに聴かせる曲を聴いていると、妖精帝國ってこういう曲もOKなんだなと思ってしまいます。こう言う曲、好きなんですよ。なにせ最初に妖精帝國を知ったのが「至純の残酷」ですから。

なお、ついでに一般曲「Sacrifice」もベストアルバム未収録。こちらはいつもの妖精帝國の音楽です。
posted by ぱりか〜る♪ at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

妖精帝國 ベストアルバムに入ってないアニソン2

今日も妖精帝國のベストアルバム未収録アニソン・ゲーソンです。

LINK

○一片の雫/ゲーム 終の館 〜恋文〜 ED

イントロ部分から、他の収録曲と異なる雰囲気をかもし出してくれます。でも、なんともなく妖精帝國らしくない歌、最近の妖精帝國の曲と比べてしまうと、なんて言うんでしょうパンチが足りないというか、そんな感じです。でも、ボーカルの特徴は今とあまり変わらず、いいですね。


LINK

○memini [Orchestronica mix version]/ゲーム AR 〜忘れられた夏〜 挿入歌
○月夜の旋律/ゲーム 終の館 〜双ツ星〜 ED

meminiは、妖精帝國の曲の中では珍しく、可愛らしさというかコケティッシュさが少し混じる曲です。月夜の旋律は、最近の曲とは歌い方が異なりますが妖精帝國らしいイントロの曲。


こうやって、古い曲を聴いていると初期の頃が悪いわけではないのですが、演奏もヴォーカルも成長しているのが判ります。妖精帝國、まだまだこれからも伸びるんじゃないでしょうか。
posted by ぱりか〜る♪ at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

妖精帝國 ベストアルバムに入ってないアニソン1

妖精帝國は私の2番目にお気に入りのアニソン歌手です。お気に入りのアニソン歌手ですのでそのベストアルバム
 GOTHIC LOLITA PROPAGANDA
 Gothic Lolita Doctrine
を所持しているのですが、ベストアルバムに収録されていないアニソンも聴きたいと思い探しました。

LINK

○ANGELS 〜天使の祈り〜/ゲーム Monochrome 挿入歌

妖精帝國のどこが良いか? それはボーカルにつきます。
どこかちょっと特殊な声質、キャラメルボイスと言ってもいいかも知れません。そして、早口な歌。

基本的にはキャラ声、幼さの残る様な声の曲は大嫌いなのですが、妖精帝國においては例外。なぜか、それら嫌なポイントが全部許せるますし、逆にそこが素晴らしいとさえ思います。

この曲は正確には伊月ゆい+森永理科さんへの提供曲となりますが、歌っているのが伊月ゆいさんですから。。ね。


LINK

○小聖女の唄/ゲーム エターナルファンタジー 挿入歌

妖精帝國にして実に珍しい静かな曲。こういう静かな曲も歌えるんだなぁと思いつつ、歌唱力はやっぱりな部分もあります。でも十分でしょう。

妖精帝國ははずれの曲が少ない点もいいです。私の好みの曲を歌ってくれます。


posted by ぱりか〜る♪ at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堀江由衣さん 7

今日は堀江由衣さんの最新のアルバムです(ということで今日が堀江由衣さんのアルバム最後)。

LINK

○バニラソルト/とらドラ! ED
○silky heart/とらドラ! OP

とらドラ!は私が2番目に大好きなアニメーション。そのEDとOPになります。実は両曲とも最初はあまり好きではなかったのですが、大好きなとらドラ!に感情に移入して何度も視ているうちに、曲までだんだん好きになってきていました。特にクライマックスの含まれる後期OPである「silky heart」はアニメのシーンが思い出されて感情が揺り起こされそうです。

そして、このアルバムに収録される他一般曲も、このとらドラ!の曲と雰囲気が似た感じです。作曲家はわりとバラバラなのに。こうやって堀江由衣さんのアルバムを聴いてきたわけですが、作曲などはバラバラなわりにアルバム全体としては調和がとれている気がしますし、堀江由衣さんの歌声がちょっと癒し系で、アルバムとして聴いていてゆったりとして聴けるんですよね。すごくいいなぁと聴き惚れる曲が無い代わり、この曲は合わないからスキップしようと言う曲が少ないんです。流しっぱなしでいいかと思ってしまうんですね。なかなかアルバム作りうまいと思ってます。
posted by ぱりか〜る♪ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

堀江由衣さん 6

今日は堀江由衣さんの6枚目のアルバムです。

LINK

○Days/ながされて藍蘭島 OP
○恋する天気図/ながされて藍蘭島 ED
○Say cheese!/ながされて藍蘭島 ED
○ヒカリ/いぬかみっ! OP

この「ヒカリ」好きです。アップテンポで耳に残るそしてどこか古臭いこのメロディがいいですね。そしてなぜか堀江由衣さんの声があう。ながされて藍蘭島の曲は全体的に明るめで、可愛らしい声もあって楽しめの曲です。

そして一般曲「かみさまおねがい」、曲もいいけど歌詞もなかなか良いと思い、同じ作曲家、作詞家の曲はないかなWikipediaで作詞、作曲確認していて気づいたのですが、このアルバムでは、作詞家、作曲家がほとんど異なるんですね。ちょっと驚き。前々作のアルバムで注目した村山達哉さんの曲もその後見かけないし、堀江由衣さんて作詞家、作曲家をどんどん変えていくのかしら。もちろん、何人かは続けて曲提供している方(主に作詞)はいるのですが、なんか少ないです。
posted by ぱりか〜る♪ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

堀江由衣さん 5

今日は堀江由衣さんの5枚目のアルバムです。

LINK

○スクランブル/スクールランブル OP

このアルバムに収録されるアニソンはこの1曲。アニメの雰囲気を良く出したちょっと楽しい曲です。このアルバムの中では1番好みの曲となります。

このアルバム、静かな曲、アップテンポの曲などいろいろ収録されていますが、全体的に前作「楽園」、前々作「sky」とは全体的に収録される曲の雰囲気(なんていうんでしょう、曲が訴えてくる感じとでも言うのがいいのでしょうか)が異なります。前2作がなんかこう私の心に染み入ってくる感じがあるのに、このアルバムは少ないです。

それでも、リラックスして聴けるアルバムです。ここは堀江由衣さんのたまものでしょう。

ところで、2枚目のアルバム「黒猫と月気球をめぐる冒険」もそうなんですが、この5枚目のアルバム「嘘つきアリスとくじら号をめぐる冒険」も「〜をめぐる冒険」というタイトルなんですが、ちょっとおやっ!?と目を惹くものの、それ以上の何かがあるのか判りません。「冒険」にどんな意味があるのか気になってしまうんです。コンサートDVDも堀江由衣をめぐる冒険とかタイトルがついているので、堀江由衣さんらしいと言えばらしいのですけれども。。


posted by ぱりか〜る♪ at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

堀江由衣さん 4

今日は堀江由衣さんの4枚目のアルバムです。

LINK

○A Girl in Love/シスター・プリンセスRe Pure OP
○心晴れて 夜も明けて/十兵衛ちゃん2〜シベリア柳生の逆襲〜 OP

このアルバムには、上記2曲の含め岡崎律子さん提供の曲が計4曲収録されています。特に「クローバー」は一聴して岡崎律子さんの曲と判る曲。そしてこの4曲はいずれも素晴らしくアルバムの中で好きな5曲のうちの4曲。私ってどれだけ岡崎律子さんの曲が好きなんだろう。全く。歌詞もメロディも、聴いていると心が穏やかに、沈んでいるときは勇気付けられるような感じ。

好みの曲5曲目は最後のInvitation。これは前アルバムのIn the sky同様、村山達哉さん作曲の曲です。村山達哉さんの名前憶えておこうっと。

posted by ぱりか〜る♪ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

堀江由衣さん 3

今日は堀江由衣さんの3枚目のアルバムです。

LINK

○It's my style/陸上防衛隊まおちゃん ED
○ALL MY LOVE(ALBUM MIX)/陸上防衛隊まおちゃん OP

ALL MY LOVEは、昔どこかで聴いたような錯覚に陥りそうな曲、なんかそんな感じなところが好きです。

なお、このアルバムには、お気に入りの岡崎律子さん提供の2曲が含まれています。
 Romantic Flight
 Angel 恋をした
もちろん、堀江由衣さん歌唱なのですが、曲はまさしく岡崎さんの曲。岡崎律子さんは提供した曲(それも良いのですが)を岡崎さん自身の歌唱で別バージョンをリリースする(オリジナルと印象ががらりと変わるほど素晴らしい曲に変わる!)ことがあったのですが、ついそれを期待してしまう曲です。

このアルバム、全般的になかなかいい曲が多いですね。1枚目、2枚目に比較しぐっと良くなりました。特にIn The Sky、堀江由衣さん歌唱の静かに聴かせる曲なんですが、かなりいいです。歌唱力を問われたらやっぱりと思う部分はありますが、背伸びせずに上手くまとめています。
posted by ぱりか〜る♪ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

堀江由衣さん 2

今日は堀江由衣さんの2枚目のアルバムです。

LINK

○Love Destiny(Album Mix)/シスター・プリンセス OP
○翼(Album Mix)/シスター・プリンセス ED

前回書いた「時折電波をあびたかの様にはまる曲」、、そうこの「Love Destiny」がそうです。
 会いたいあいあいあいあいのに、会えないあいあいあい今夜は
ノリの良い曲、憶えやすいメロディ、あいの連呼、初めて聴いたときから完全に記憶に刻み込まれてしまいました。なお収録されているのは、Album Mixバージョン。岡崎律子さんの歌と異なり、バージョン違いによる差はほとんどありません。どこが違うのかちょっと聴いただけでは判りません。なんかドラムのMixのされ方が変わっているような気もしますが、定かではないです。ただ、なんとなく電波度が少し下がっているような、、、。

翼の方もオリジナルとの違いは良く判りません。堀江さんの声のボリュームが少し下がったかなぁ。私では集中して聴かないと違いが判りません。

なお、このアルバム、1枚目のアルバム同様、なんか聴いていて癒される気がします。水樹奈々さんの曲が交換神経を活性化させる(用は高揚感をあおる)ものだとすれば、堀江由衣さんの曲は副交換神経を活性化する(と言うか交換神経を興奮させない)感じです。なんかちょっと不思議。いつもは好き・嫌いがわりとはっきりするのだけど、嫌いじゃないと言う分類なんです。

これ、サウンドデトックスにいいかも。
posted by ぱりか〜る♪ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする