2010年06月30日

電子の妖精

こんなCDを借りてきました。

LINK

機動戦艦ナデシコの艦長ホシノルリが歌うキャラソンCDです。ナデシコはTVシリーズは未視聴、劇場版のみ視聴したことがあります。遺伝子操作か何かを受け生まれ、特殊な能力(あらゆるコンピュータへのハッキング及び操る能力)を持つ代わり、感情表現に乏しいキャラだったかと思います。なんか、感情表現の乏しいキャラとか、無口キャラのCDって難しいですよね。そういえば、「涼宮ハルヒの憂鬱」長門有希のキャラソンCDってあるけど、どんな歌歌うんだろう? ましてやドラマCDってどうするんだろう??

さて、曲ですが、キャラソンCDというか普通に中の人がキャラソンっぽい歌詞の歌を歌っています。正直、大昔のデビューしたてのアイドルの様な歌唱力です。声優といえど歌のレッスンを積んでいるだろう現代であれば、CD化は難しかったかも。
そんな中でこの曲を。

○冬の花/機動戦艦ナデシコ

ちょっといいかな。

今後、昔のアニメのキャラソンには気を付けようっと。
posted by ぱりか〜る♪ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

WHITE ALBUM

ジャンルはエロゲで良いんでしょうか、ゲームをやらないため良く判りませんが。レンタル屋さんで新作のところに並んでいたのと、WHITE ALBUM 2の方のジャケットの画像が印象的で、つい借りてしまいました。

LINK

1枚がサントラ、もう1枚がキャラソンです。

○深愛/WHITE ALBUM OP
○夢幻/WHITE ALBUM OP

さすが水樹奈々さん、歌唱力が優秀です。それと、アルパの演奏もいいですね。昔、上松美香さんのCDを集めていた時がありました(今でもライブDVD持ってます。本当に楽しそうに演奏する上松美香さんがとても良いです)。水樹奈々さんのCD借りてみようかな。

○恋色空/WHITE ALBUM 挿入歌

涼宮ハルヒ関連で聴く平野綾さんの曲と大分違う、しっとりと歌う曲。平野綾さんの声質の良さ、安定した歌い方、曲の都合で声域は良く判りませんが、いいですね。

○赤い糸/WHITE ALBUM ED

どこかで聴いたことのある声だなぁと思っていたら、「うたわれるもの」「BLUE DROP」とかの曲を歌っている方。いや、もっと他に似ている声質の方がいたたような、、。

なお、現時点サントラの方は聴いている最中なんですが、なかなかいいですね。Elements Garden 気に入っちゃいましたよ。


LINK

残念、ジャケットはお気に入りだったんですが、好みの曲はありませんでした。「After all 〜綴る想い〜」の方は前奏部分が良かったので期待したのですが、、声質が自分の好みに合わないのが大きかったです。


posted by ぱりか〜る♪ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

中島愛さん

レンタル屋にDVDを返しにいったついでにCDコーナ(アニソン)をながめていたら、つい目に留まってしまいました。

LINK

○ジェリーフィッシュの告白/こばと。 ED
○わたしにできること/こばと。 ED

このアルバム、上記アニソンより他の一般曲の方がいいですね。実に中島愛さんらしい曲がいっぱいのCDであり、歌唱力で歌い上げるのでなく、かといって下手なわけでなく、実に自然に素直にのびのび歌ってくれます。これと比較すると、先のアニソン2曲は気取っているような印象を受けちゃうんです。なにか中島愛さんじゃないような、単に歌詞通りに発音しているだけのような感じがしちゃって。

amazonのページを見ると「初回限定版」があるんですね。特典ディスク(ディスク2)欲しいです。
posted by ぱりか〜る♪ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

石川智晶さん 2

う、前書いた時、石川さんの名前間違えていました。アイドルマスター三浦あずさ=たかはし智秋さんとちょっと文字混同しちゃってたんですね、恥ずかしい。

と言う事でという訳ではありませんが、石川智晶さんの最初のアルバムを。

LINK

これ現在の「石川智晶」に改名する前の「石川知亜紀」さんの頃のCDです。ついでに悪名高いCCCD。

○Like an angel/高橋留美子劇場 人魚の森 OP

この頃は、See-Sawとして活動されていたんですね、ソロでのアニソンはこの1曲位でしょうか。石川さんはSee-Sawとしての曲「あんなに一緒だったのに」が有名ですが、私はこちらの方が落ち着いて聴けて好きですね。やっぱり梶浦さんが加わる・加わらないで何かが違う気がします。

なお、このアルバム、一般曲がなかなかいいですね。こう、なんて言うんでしょう、飾り気のない歌詞、See-Saw時と比べると無理をしていない自然な歌い方、派手さはありませんが、そこがいいですね。

また、See-Saw時とは歌唱における高音の出方が違います。こちらはあまり高音が出ていず、でも無理をしていない感じ、See-Sawは後で無理に高音を出した感じ、ちなみに後のアンインストール時は、高音が自然と伸びてきた、そんな感じです。

でも、このアルバム、悪くはないのですが、購入意欲をどうしても刺激するまでにはいかないです(後の2枚と一緒に購入してしまっちゃったのですが)。
posted by ぱりか〜る♪ at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

Kalafinaさん

レンタル屋さんで見かけたので借りてみました。

LINK

梶浦由記さんの声を積極的に使用したBGM曲はとても大好きなのですが、プロデュースした歌はわずかな例外を除き好きではありません。なんて言うんでしょう、歌声に抑揚ががないというか込められた感情が感じられないことと、いいよねこの曲と言う製作者側からの押し付けにもにた感じがしちゃって(もちろん、私個人の感想です)。声を積極的に使ったBGMと、歌との違い、、う〜ん、歌に積極的に意味・感情を求めるかなのかな。

まぁでも、一度アルバム1枚をまるまる聴いてみたいなと思い借りてみました。

○星の謡/ゲーム 信長の野望Online 新星の章 イメージソング
○Lacrimosa/黒執事 ED

位かな、ぎりぎり私の好みにあうのは。ただ、今までの梶浦サウンドのBGMに歌詞を付けて歌にしただけのような感じ。そういえば、Lacrimosaを聴いたとき、一青窈の曲を思い出してしまいました。ちょっと似てますよね。

その他、アニソンなどタイアップ曲がいくつか収録されていますが、、。

でも、あれっ、一般曲となる「red moon」「fantasia」「春は黄金の夢の中」「Kyrie」「progressive」の方が、全体的に良くないですか? 梶浦サウンドのBGMに歌詞を付けて歌にしただけという感じではあるのですが、なにかほんのわずか今までと違う気がします。なんだろう。

あっ、そうそう、梶浦由記さんの声を積極的に使うBGMで活躍の貝田由里子さんは、このアルバムでも活躍してます。
posted by ぱりか〜る♪ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

志賀真理子さん 2

レンタル屋さんで、次に借りるCDを探したのだがめぼしいのが無い。アイドルマスター三浦あずさ(=たかはし智秋さん)のCDとか、「おねがい☆ツインズ」関連とか、岡崎律子さん関連とか、ゴッドマジンガーの「時間の誘惑」が欲しかったのだけど。。ない。と、あきらめかけた頃みつけたのが、これ。

LINK

志賀真理子さんの曲が入っているじゃないですか! 他の曲は確認せずにかごに入れてしまいました。

○金のリボンでRockして/魔法のアイドル パステルユーミ OP

志賀真理子さんの曲で1番好きなのが「夢の中の輪舞」だとすると、2番目が「金のリボンでRockして」になります。歌い出しにサビを持ってくる「夢の中の輪舞」にも通じる曲、結構インパクトありますよね。でも、その次の小節で腰砕けになる感じでちょっと高揚した気分が落ちてしまうのでちょっとと言う感じです。

○あした晴れるか/めぞん一刻 ED
○君は流れ星/がんばれ!キッカーズ OP
○銀河の少年/がんばれ!キッカーズ ED

ああ、来生たかおさんや西村知美さん、ほとんどアニメのED/OPでは視たことないのに懐かしいです。

あした晴れるかは来生たかおさんの歌声に酔いしれつつ、歌詞に聴き入ってしまいます。良く聴くと作品に良くあった曲だったんだなぁ。これは当たり!

西村知美さん、アニソン(がんばれ!キッカーズの歌)も歌っていたのを思い出しました。サビの部分はいいのですが、、ああ、他は実にのっぺりした曲ですね。昔はサビにつられていい曲だと思っていたのですが、改めてしっかり聴くと、、。
posted by ぱりか〜る♪ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

おねがい☆ティーチャー

なぜか行きつけのレンタル屋さんには、「おねがい☆ティーチャー」関連のCDが、例えば「みずほ先生のはちみつ授業」などが、沢山置いてあります。面白いんだろうか、、。
そのようなCDには目もくれず、もちろん借りるはボーカルアルバムです。

LINK

すでにシングル「おねがい☆ティーチャー Shooting Star/空の森で」は持っていますので、それ以外の曲を。

○あの日の君へ/おねがい☆ティーチャー
○Tiny Days/おねがい☆ティーチャー

I’veサウンドを代表する歌い手さんのKOTOKOさんと川田まみさん。似た様な声、歌い方なのですが、微妙に川田さんの方は好みのゾーンなのですが、KOTOKOさんはぎりぎり外れます。これはKOTOKOさんの方が口だけで歌っている様により聴こえてしまうためです。そんな中「あの日の君へ」はその感覚がちょっと弱いところがいいです。「Tiny Days」は川田さんの曲。

でも、このアルバムの中ではやはりOP, EDとなる「Shooting Star」「空の森で」が群を抜いていいですね。

なんかこのアルバムを聴いたら、もっと他の曲も聴いてみたくなっちゃったな。明日、おねがい☆ツインズのボーカルアルバムでも探してみよっと。
posted by ぱりか〜る♪ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

花のささやき

これもレンタルCD。お目当ては「小公女セーラ」のOPです。アニメ本編の方は、基本的にセーラがずっと苛められ続け、最終回直前で逆転するような話しであり、本来ならもっと深く考えたくなる様な話があるんだと思うんですが、やたら苛められるのだけが目立つ作品であり、正直好きではありませんでした。ただOPだけは、社交ダンス?を踊るセーラに惹かれたところもありますが、いいなぁと思ってしる作品です。

LINK

○草原のマルコ/母をたずねて三千里 OP
○love With You 〜愛のプレゼント〜/牧場の少女カトリ OP
○花のささやき/小公女セーラ OP
○空へ…/ロミオの青い空 OP

草原のマルコなんて、あまりに懐かしすぎます(でも視たことない)。初めてフルで聴きましたよ。1番から2番のつなぎがわりと唐突ですね。1番ですごく盛り上がってもりあがって唐突にやんで静かな間奏、そして2番に静かに入るんです。

小林千絵さんの歌好きなんですよ。ベストアルバムを手放してしまったのがちょっと残念です。ちなみにベストアルバムを聴いた友人からは{演歌歌手?」と言われました。

そして、お目当ての「小公女セーラ」のOP。う〜ん、とてもいいけどやっぱり映像が欲しいな、この曲。

それと意外だったのが「空へ…」。いいんじゃないですか。笠原弘子さんの曲は「シンフォニックレイン」のアルバム依頼のリッピングです。

いずれも良かったのですが、やっぱり古い時代の曲達ばかり。古い時代の曲って、なんて言えばいいのでしょう、独特のリズムをもってますよね。実に手拍子が打ちやすいんです。
posted by ぱりか〜る♪ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

中島愛さん

今日はマクロスFからランカリーです。エクリップスで歌唱力を知った中島愛さんの歌をもう少し聴いてみたいと思い、代表作であるマクロスF関連CDを借りてみました。

なお、マクロスFは視たことありません。

まずはこれ。

LINK

○そうだよ。/劇場版 マクロスF 虚空歌姫〜イツワリノウタヒメ〜 ED

中島愛さんの澄んだ歌声、でもなかなか良いですね。

他は、もしかして劇場版の劇中曲なのかな? 「そうだよ。」以外、演奏時間が1分程度だし、曲タイトルもなんか面白いものばかり、そして、歌詞は適当。それでも、中島愛さんの歌声が好きなら許せる範囲ですね。いつもはこの手のものは聴くに耐えないものばかりなんですが、なんか許せます。「ニンジーン Loves you yeah!」なんて気に入ってしまいましたよ。


そして、これ。

LINK

○トライアングラー/マクロスF
○ニンジーン Loves you yeah!/マクロスF
○アイモ〜こいのうた〜/マクロスF
○ライオン/マクロスF
○蒼のエーテル/マクロスF
○トライアングラー(fight on stage)/マクロスF
○母と子ランカのアイモ/マクロスF

中島愛さん目当てで借りたCDですが、坂本真綾さんの歌声いいいですね。3人の中では一番好みになりますし、曲も坂本真綾さんに良くあっています。

やっぱり「ニンジーン Loves you yeah!」いいですね、なんかなつかしい、みんなの歌にでも出てきそうな曲、好きです。意外と代表曲ではないでしょうか。短いのが玉に傷。

「アイモ」ってなんなんでしょう? 曲調や親娘で歌い合っているところを見ると、作品中で使われた子守唄か何かなのかしら。

「ライオン」とか、こういう複数人で交互に歌うような曲、そしてノリの良い曲、好きなんです。このCDには菅野よう子さん作曲の曲が複数収録されていますが、全体的にいいですね。良く梶浦由記さんと菅野よう子さんの曲を比較されることがありますが、私自身はBGMは梶浦さん、歌は菅野さんの作品が明確に好みです。

「蒼のエーテル」、しっとりした曲ですが、中島愛さんが良い調子で歌い上げてくれます。歌唱力を存分に聴かせる歌唱ではありませんが、それでも素直に歌って感じがしていいですね。

マクロスFを未視聴のため、作品中で歌われる曲をほとんどしりませんでしたが、なかなか良かったです。機会があれば購入してもいいなと思ってます。

posted by ぱりか〜る♪ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

スタまにシリーズ

先日、CDレンタルで味をしめ、最近ちょっとレンタル屋をめぐってます。アニソンCDって、あまりレンタル屋さんに置いていないイメージを持っていたんですが、いやいやどうして。と言っても、アイドルマスターのCDに喜んでお目当て(あずさ=たかはし智秋さん)のCDを探すと、影の歌唱力NO.1と信じるあずさのCDだけ、なぜか置いていないなどの不思議な状況だたりしますが、なかなか購入できないでいるCDが見つかったりします。

という事でレンタルしてきたCDから。

LINK

○シンシア・愛する人/アキハバラ電脳組 ED

もちろん、お目当ては岡崎律子さんのこの曲。早速視聴したところ、、違う! アルバム「おはよう」に収録されていた「シンシア・愛する人(New Recording)」と違うのです。「おはよう」に収録されている「シンシア・愛する人(New Recording)」の方がはるかに切ないのです。どちらも良いのですが、比べてしまうとアキハバラ電脳組EDの方はテスト録音の様な歌い方なのです。

岡崎律子さんにはほとほと敬服してしまいます。作った歌全てに愛着を持ち、リリースした後もずっと思い続け、歌い方を変えて出してきます。そして、そのおほとんどが全て、歌い方から歌詞に込めた思いがより伝わってくるんです。


LINK

○輪舞−revolution/少女革命ウテナ OP
○Rose&release/少女革命ウテナ ED

有名な奥井雅美さんですが、奥井さんの曲は持っていませんでした。一度ライブでの輪舞を聴いてから欲しいなと思っていたのですが、なかなか思い切れないでしました。レンタル屋でこのCDを見かけ、確かこれに輪舞がと思い曲目リストを確認するとビンゴ!、借りてしまいました。ノリの良い曲ですよね、ほんと茅原実里さんにもぴったりの曲です。

しばらくはレンタル屋さん通いが続きそう。。
posted by ぱりか〜る♪ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

石川智晶さん

もともとは「ぼくらの」のOPで知った歌い手さん。アニメ「ぼくらの」の作品自体もわりと衝撃的な話しでしたが、OP曲「アンインストール」のイントロ部分他で、アンインストールという歌声が輪唱の様に重なる部分に一番に惹かれてしまいました。もちろん、曲・演奏ともに。

LINK

○アンインストール/ぼくらの OP

ネットで確認していて、他の曲もわりと良さそうと思い、購入しました。少し低めの音から高音までのびる声で、割と良曲が多いですね。っぱり「アンインストール」が一つ上をいってる感じはします。

なお、アニソンではありませんが「house」などは好きな曲であり、また、アルバム全体として静かな気分で聴ける曲がそろってます。

LINK

○落涙/戦国BASARA 挿入歌
○First Pain/エレメントハンター OP
○太陽/機動戦士ガンダム00 提供曲セルフカバー
○1/2(はんぶん)/逮捕しちゃうぞ フルスロットル ED

前アルバムから2年後に発売されたわけですが、確実に進歩していますね。声の伸び、曲の作りなども良い方向に変わっています。また、前アルバム同様アニソンがいくつか含まれていますが、サビの部分のノリのよさがアップしました。

落涙いいですね。このアルバムも基本、静かな気分で聴ける曲がそろっています。
posted by ぱりか〜る♪ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

フルーツバスケット

昨日、セーラームーンのCDと一緒にレンタルしてきました。

LINK

このCDには、岡崎律子さんの曲が収録されています。ほとんどが既に所持している曲なのですが、

○愛すべき明日(Fruits Basket Version)/フルーツバスケット

だけは所持しているCDには無い曲です。アルバム「おはよう」に収録された「愛すべき明日」の新録音バージョンになります。岡崎律子さんがバージョン違いを出す場合、後から出した方がより歌詞に込めた想いが切なくそしてしっかり表現される傾向があるように思うのですが、今回バージョンは違いますが、差はあまり大きくはありません。

LINK

フルーツバスケットのサントラCDです。大のお気に入りのフルーツバスケットですが、OPはしっかり印象づいているのですが、サントラの方の印象が薄く良く思い出せずにいました。改めて今回サントラを聴いたわけなのですが、ずば抜けた良さとかはありませんが、わりといいですね。作品同様癒し系の音楽です。フルーツバスケットファンなら、OP同様一番記憶に残っているだろう

○memory 〜for you〜/フルーツバスケット BGM
○memory 〜in daily life〜/フルーツバスケット BGM
○memory 〜at home〜/フルーツバスケット BGM
○memori 〜on vacation〜/フルーツバスケット BGM

が、じっくり聴けるのはとても嬉しいです。
posted by ぱりか〜る♪ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セーラームーン

欲しいなと思いつつ手が出なかった曲。この様な人気の曲って、レンタルにあるんじゃないか?と思い探したらありました。

LINK
LINK

○ムーンライト伝説(DALI)/セーラームーン OP
○ムーンライト伝説(ムーンリップス)/セーラームーン OP

いやぁ、懐かしいですね。受けを狙ったカラオケの定番です。ちなみに「もののけ姫」も受けを狙ったカラオケの定番でした。

先のDALI版、なんか地味〜な演奏がいいですし、単純なメロディがいいです。また、初めて聴きましたがムーンリップス版いいです。演奏もキラキラ感があり、またより高音よりの歌唱となりました。

それと、全く知らない Meuさん。歌は今ひとつですがちょっと期待したくなるような声質。今でも歌っているかしら。ちょっと調べてみよっと。


レンタル意外といいな。

posted by ぱりか〜る♪ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

GUNSLINGER GIRL (その2)

雛の章を鑑賞する予定だったのですが、遅く帰って来てしまって疲れが残ってるので、音楽を。どこかのまじめなサイトで報告されていましたが、ヘッドフォンではなくスピーカで音楽を聴くことはリラックス効果があるんだとか。

LINK

GUNSLINGER GIRLのDVDに同梱されていたゲームのサントラです。いえ本当はゲームにDVDが抱き合わせで販売されてました。ゲームに興味の無い私は、なんてあこぎな商売をするんだと思いましたよ。DVDが欲しくて購入しちゃいましたけど。

そのゲームに興味の無い私ですが、ちょっとした事情で一時期ゲーム機を所持していたことがありました。そのプレイした際に音楽を聴いたのですが、その時はわりと綺麗な曲と思っていたのですが、あらためて曲だけを聴いてみると、綺麗なメロディではありますが、深みがないというかなんというか、よろしくないですね。ただし、ゲーム音楽としては十分な出来かと思います。

いかん、いかん、疲れを癒さそうと思ったのに。ということで次。

LINK

GUNSLINGER GIR -IL TEATRINO- のサントラです。アニメを全話視聴したのですが(1話と2話の出来が最悪でせっかく借りたレンタルDVDを視聴しないで返そうかと思っちゃいましたよ)、その時はそれほど印象に残る音楽は無かったのですが、改めて聴いてみるとそれほど悪くないんですよね。先のゲームと逆の状況です。ちょっと癒し系の音楽でわりと聴き入ってしまいます。「悲しみ」や「メインテーマ」なんていいんじゃないかな、好きですよ。でも何かが足りない、感動的なシーンに使っても場を盛り上げることが難しいんじゃないかな、これ。

こうやってじっくり聴いてしまうと、音楽も1期のがいいですね。
posted by ぱりか〜る♪ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

プリンセスチュチュ 舞う

プリンセスチュチュ卵の章を視終わりました。この作品、すご過ぎます。クラシック・バレエ音楽を多用したサウンドトラック、同じくバレエをモチーフにしたストーリ、バレエの舞の表現、そして岡崎律子さんのOP&ED。全てがすばらしいです。

LINK
LINK

岡崎律子さんの歌が使われた作品として認識し、バレエ音楽を多用したサウンドトラック、評価の高い口コミに興味を惹かれ、レンタルで借りてみたところ、最初の頃(1巻の頃)は、音楽は素晴らしいがなんか今一な話、ちょっと面倒くさい話と思っていましたが、プリンセスクレールの登場する2巻から急展開し、3巻では卵の章クライマックスに向けて加速、12話、13話で最高潮を迎え、完全にとりことなってしまいました。特に13話Bパートのバレエの舞、重なるあひるのモノローグ、「フルーツバスケット」大好きな方なら確実にはまることと信じます。泣いてしまいそうです。


あひる1

あひる2

あひる3

これによりプリンセスチュチュは私の好きなアニメーションベスト5に入りました。

なお、いい曲だけどアニメ作品と合わないとか+にもーにもならないOP,EDが沢山ある中、岡崎律子さんの歌うOP,EDはすごいですね。フルーツバスケットでもそうでしたが、作品の世界観・雰囲気にぴったりと合い、しかも作品を盛り上げてくれます。

さて、明日から雛の章の視聴です!
posted by ぱりか〜る♪ at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 光る&舞う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

GUNSLINGER GIRL

光る女の子ではなく、1期アニメーションのサントラです。週明けてわずか2日目ですが疲れがたまってしまっているのと、本日は遅く帰ったこともあり、静かに音楽に浸りたいんです。こんなときは、打ち込み系でない、ゆたりしたアコースティックな音楽をば。

LINK

※改めてジャケットを見てみると、黒くて良く判らないですね。黒地に光沢黒文字でGUNSLINGER GIRLのロゴが印刷されてます。

GUNSLINGER GIRLのサントラには、1期アニメ、ゲーム、2期アニメの計3種ありますが、1期サントラが一番すばらしいですね。ヴァイオリンやピアノなどアコースティックな音、演奏。音楽だけでも良いと思いますが、やっぱりサントラ、アニメを視聴していると使われたシーンが蘇ってきます。エルザの苦しい愛情の話のクライマックスで使われたテーマなんて、最高です。何度でも繰り返して聴いちゃうし、印象的なシーンを思い出してしまう。あ〜、もう一回視たくなってきた。

アニメ視聴時からいいなぁと感じていましたが、実際に購入してみて、やっぱりです。

ところで、
う〜ん、今日は久しぶりに今日は、iTunesではなくfoobar2000を使用しており、その鮮度の高い音(なんでか音がちがうんですよね)に浸っています。しかしながら、CDドライブ(読み取りを遅くしてた)が壊れてしまい、マルチドライブ(標準なので高速読み取り)を使っているのですが、回転音がうるさい。。早く直さないと。
posted by ぱりか〜る♪ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | あにそん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

とある魔術の禁書目録

発光する女の子9人目。とある魔術の禁書目録です。

LINK

とある魔術の禁書目録、およびその外伝とある科学の超電磁砲は、あまり好きではないのですが、最初のエピソード(禁書目録のエピソード)だけは別。お気に入りです。1話の禁書目録登場シーン(かつてメインヒロインがベランダに干されて登場するなんてあったでしょうか?)、その後の上条当麻との掛け合い、思わず笑ってしまいましたし、その後も視聴者をあきさせない展開もなかなかであり、原作1巻を6話に渡ってひっぱったのは引っ張りすぎと思いますが、それでも良くまとまっていいます。

最初のエピソードでスポットライトを浴びた禁書目録ですが、作品タイトルにもなっていると言うのに、次のエピソード以降はほんとに脇役となってしまい、出番がほとんどありません。最終エピソード位だったでしょうか、再度の活躍の場があったのは。う〜ん、こんなことなら作品タイトルから外したり、上条当麻の部屋への居候は止めてイギリス聖教に帰しても良いように思います。

なんか、2期があるらしいので、こんどこそ禁書目録にも活躍して欲しいですね。


禁書目録1

禁書目録2

禁書目録3

恐いっす、禁書目録ちゃん。
posted by ぱりか〜る♪ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 光る&舞う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

プリンセスチュチュ

光る女の子(自発光する女の子)が好きなのですが、そんなに沢山ないと思っていたので、無理やりであれ1週間保つとは思いませんでした。さて、もう一人光る女の子の出てくる作品。プリンセスチュチュです。

LINK

砕け散った王子様(ミュート)の心を集めるため、プリンセスチュチュに変身するあひるの話し。実を言うと、まだ卵の章を視ている途中です。岡崎律子さんの歌がOPに使われていることで存在を知り、大変気になっていました。BGMにクラシック音楽を多用し、本格的にバレェをモチーフにしたストーリ、泣けると評判の高いストーリ、amazonなどでの口コミがとてもよいのです。残念ながら、ちかくのレンタル屋においてなく、ネットレンタルするかとあきらめかけていたところ、ちょっと遠いところで見つけました。即刻レンタルです。

1話を視た段階では、話しも良く判らないし、うわさほどいい作品ではないと思ってたのですが、2話で王子の砕け散った心臓を集めるという目的がわかり、徐々にはまり始め、2巻目に入ると、プリンセスクレールが登場、一気に物語が進みはじめると、すっかりはまりました。音楽の使い方含めかなりの良作であることを感じさせます。

これから視る3巻、期待大です。泣けるとうわさの13話があるんです。

さて、光る女の子は5話のゲストキャラ、ランプの精です。本当はチュチュをとりあげたいのですが、まだ視ている途中ですし、チュチュは舞う女の子として出したいので。


チュチュ1

チュチュ2

チュチュ3

ただ、これ女児向け作品としてはどうなんだろう。ストーリ難し過ぎやしないか? ついでに、心を集めるって、ツバサクロニクルはこれを??
posted by ぱりか〜る♪ at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 光る&舞う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

灼眼のシャナ

もういっちょ、変り種の光り方する女の子が出る作品。「灼眼のシャナ」です。

LINK

『審判』と『断罪』である『天罰神』、“天壌の劫火”アラストールと契約したフレイムヘイズ『炎髪灼眼の討ち手』シャナ。そして、特別な宝具『零時迷子』を宿すミステス坂井悠二。この二人の日常生活と戦いの日々をつむぐ作品。

今まであげた作品では、ストーリのクライマックス/もしくは重要なシーンで女のこは発光していました。シャナの場合、基本的に戦闘モードに入った際(力を表出させた際)常に、火の粉の様なものをまといます。だから全然、貴重感がありませんね。

なお、釘宮理恵さんがシャナを演じ、ツンデレキャラとして大変有名になりました。原作では初期の自分の感情にとまどいツンデレしていましたが、話しもクライマックスに近づき、精神的にも能力的にも大きく成長しました。現在、悠二とは思想含め敵対関係にある組織に所属しているため、恋愛ストーリは少し停滞していますが、もう以前のようなツンデレはないのではないでしょうか。


シャナ1

シャナ2

シャナ3

どうしても、能力を出すときって、戦闘を前にした時なので、恐い表情ですよね。

ところで、U期7,8巻あたりって、パンチラ多いですよね。昔からなのかしら。
posted by ぱりか〜る♪ at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 光る&舞う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローゼンメイデン

ストーリが盛り上がるところで光る女の子が出てくる作品、自分が持っているDVDを調べただけでもまだまだありますね。正確には女の子ではありません。人形ですが「ローゼンメイデン」です。

LINK

「ローゼンメイデン」の中で、印象的なシーンは第1話の契約のシーン(正確には指輪が光る)とこの最終話が印象的でしょうか。最終話においても3回、ジュンの夢の中、水銀燈に引きちぎられた真紅の腕を見つけ出したその直後のクライマックスシーン、そしてその後水銀燈との戦い、ジュンとの別れのシーンでも光ります。ここは、やはり先のクライマックスが最高ですね。なお、ローゼンメイデンはストーリのほか、効果音、BGMなどの音響、沢城みゆきさんの声など声優陣もいいんです。


真紅1

真紅2

真紅3

真ん中の画像をみると、ああ真紅って小さいんだなと言うのが判りますね。
posted by ぱりか〜る♪ at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 光る&舞う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする